【小田急】5000形を4編成増備!設備投資計画を発表

【小田急】5000形を4編成増備!設備投資計画を発表

小田急電鉄は、2021年の設備投資計画を発表しました。

それによりますと投資額は254億円で、新型車両である5000形を4編成増備、および1000形2編成のリニューアルに着手するとしています。

 

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、お客さまに安心、便利、快適に小田急線をご利用いただくため、2021年度、鉄道事業における総額254億円の設備投資を実施します(中略)

今年度も5000形車両の増備による通勤環境のさらなる改善を進めるとともに、中央林間駅の改良を推進するなど「サービスの向上」を図ります。また、ホームドア設置によるホーム上の安全対策、法面改修や耐震補強による自然災害への対応など「安全対策の強化」を重点に設備投資を実施します。

出典:https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001xaly-att/o5oaa1000001xam5.pdf

 

 

5059Fまでが登場?

5000形は現在第6編成(5056F)までが竣工しており、今年度は5057F~5059Fまでが登場するものと思われます。

尚、この内5057Fについては日本車輌から甲種輸送が実施されているようで、2021年度の予算にこの編成が計上されているか否かで60Fが登場するかどうかが変わってきます。

少なくとも、今年度で5000形は9編成が出揃うことになりそうです。

 

 

その他の投資計画

当サイトで説明できる範囲でざっくりと話すと、以下の通りです。

・5000形を4編成増備
・1000形を2編成リニューアル
・中央林間駅に東口改札を2021年秋頃新設
・ホームドアの設置:2021年度は新宿駅(8・9番ホーム)、登戸駅(3・4番ホーム)
2022年度は町田駅、相模大野駅、海老名駅、本厚木駅、中央林間駅、大和駅

 

詳しくは小田急電鉄専門サイト「Odapediaさん」で解説がありますので、そちらを御覧下さい

 

関連リンク

 

参考文献

小田急電鉄『2021年度 鉄道事業設備投資計画』2021年4月28日

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

18日(火)
19日(水)
  • なし
20日(木)
21日(金)
22日(土)
23日(日)
24日(月)
25日(火)
26日(水)
  • なし
27日(木)
28日(金)
29日(土)
30日(日)
31日(月)

小田急電鉄カテゴリの最新記事