【小田急】5000形を3編成増備!設備投資計画を発表

【小田急】5000形を3編成増備!設備投資計画を発表

小田急電鉄は、2022年の設備投資計画を発表しました。

それによりますと投資額は昨年度と同程度の263億円で、新型車両である5000形を3編成増備、および3000形3編成のリニューアルに着手するとしています。

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、より安全・安心で快適な鉄道を
目指して、2022年度に「安全対策の強化」と「サービスの向上」を重点とした総額263億円の
鉄道事業設備投資を実施します。

「安全対策の強化」では、1日の利用者数10万人以上の駅へ優先的にホームドア整備を推進してお
り、今年度は本厚木駅1・2番線へ当社初となる特急車両に対応したホームドアの導入と、それに先駆
けてホーム補強を実施します。加えて、町田~相模大野駅間の「横浜線跨線橋」や、渋沢~新松田駅間
の「第1四十八瀬川橋梁」で耐震補強工事を行うなど、大規模な地震等に備えた安全対策を強化します。
「サービスの向上」では、快適な輸送サービスを追求した最新の通勤車両5000形を新たに3
編成導入します。さらに、3000形車両のリニューアルや中央林間駅改良工事などを推進します

出典:小田急電鉄 1)

 

車両の動き

1000形の代替車両として、5000形3編成を昨年に引き続いて増備します。

5000形は現在第10編成(5060F)までが竣工しており、さらなる増備となります。

 

また、今回からはおでこライトが印象的な3000形3編成をリニューアルすることも発表されています。

小田急専門サイトの「Odapedia」さんによれば、非公式な場では触れられていたそうですが、公的な発表は今回が初となるようです。

現在は3265Fが入場しているとのことで、第一陣はこの編成になりそうですね。

 

その他の投資計画

当サイトで説明できる範囲でざっくりと話すと、以下の通りです。

・5000形 3編成増備
・3000形 3編成リニューアル
・中央林間駅、駅舎改造工事(2024年度竣工予定)
・ホームドアの設置:2022年度は本厚木駅1・2番線
今後の予定:町田駅、相模大野駅、海老名駅、本厚木駅、中央林間駅、大和駅
・橋梁の補強

詳しくは小田急電鉄専門サイト「Odapediaさん」で解説がありますので、そちらを御覧下さい

 

関連リンク

【小田急】本社を48年ぶりに移転。新宿・海老名の2拠点体制へ

【小田急】5000形を4編成増備!設備投資計画を発表

 

参考文献

1) 小田急電鉄『2022年度 鉄道事業設備投資計画~ 「安全対策の強化」・「サービスの向上」を重点に総額263億円を投資 ~



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

小田急電鉄カテゴリの最新記事