【大阪モノレール】磁気定期券を9月で廃止へ

【大阪モノレール】磁気定期券を9月で廃止へ

大阪モノレールは、開業時から販売していた磁気定期券を2021年9月14日をもって原則的に廃止する意向であることを発表しました。

IC定期券の利用者が多くなってることや、コロナウイルス感染拡大による非接触サービスのニーズが高まっていることが背景にあるようです。

 

大阪モノレールでは、2017年4月からIC定期券(ICOCA定期券)を発売しておりますが、定期券利用者のうちIC定期券をご利用のお客さまの割合が高くなっていること、また新型コロナウイルス感染拡大後は、キャッシュレスや非接触サービスであるICカードのニーズが大きくなっていることから、このたび磁気定期券の発売を終了し、定期券サービスをIC定期券に集約させていただきます。

出典:大阪モノレール「磁気定期券の発売終了のお知らせ」
http://www.osaka-monorail.co.jp/info/news-616.html

 

 

また一部例外もあり、以下のパターンでは引き続き磁気定期券を発行するとのことです。

・身体、知的障害者割引を適用した定期券を利用する場合において、磁気定期券での発行を希望する場合
・大阪モノレール線において、連続する区間で2枚以上の定期券で利用する場合
・その他、IC定期券では購入できない場合

基本的には、先日発表のあった京阪電鉄と同じパターンですね。

 

 

ICカードが普及するか

2021年3月19日には京阪電鉄が磁気定期券廃止しており、鉄道事業者としては2例目となりました。

プレスリリースでは利用者拡大やコロナウイルスを理由として挙げていますが、磁気券は製造コスト・維持コストが高くICカードの導入でそれらコストを下げる狙いもあるものと思われます。

関西は、誰でも入手できるわけではないPiTaPa(後払いでクレジット会社の審査が必要)の影響や、プリペイド式のICOCAが長らく使えなかったこともあって、首都圏と比較するとICカードのシェアがまだまだ低い状況です。

磁気定期券廃止の流れで、今後関西でもICカード利用率が上がっていくのでしょうか。

 

 

関連リンク

【大阪モノレール】守口市と門真市が5つ目の新駅追加を要望へ

【京阪】磁気定期券ラストラン。50年の歴史に幕

【2020年版】鉄道系ICカード発行枚数ランキング!今年はJR九州がJR東海を抜きさる!



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

10日(土)
11日(日)
12日(月)
13日(火)
14日(水)
15日(木)
16日(金)
17日(土)
18日(日)
19日(月)

大阪モノレールカテゴリの最新記事