【西日本鉄道】ダイヤ改正でデータイム特急消滅

【西日本鉄道】ダイヤ改正でデータイム特急消滅

福岡県を地盤とする私鉄「西日本鉄道」は、2021年3月13日に天神大牟田線(本線級路線、西鉄福岡~大牟田間)のダイヤ改正を発表しました。

今回の改正では、なんと平日のデータイムに運行されていた同社の顔ともいえる大牟田行き特急が全て削減され、ゼロとなっています。

同社は「改正」としていますが、明らかな減便で利用者にとっては不利益となるのでせめて「変更」が正しいでしょうか。

 

 

データイムの特急が0に

今回のダイヤ改正で最も注目すべきポイントはやはりこれ。

データイム(11-15時)に西鉄福岡駅(天神)を毎時0分・30分に発車する特急が消滅し急行へと切り替わったことでしょう。

そもそもこれは小郡行き急行を削減したことによる利便性の悪さの救済措置で、特急を降格させることでカバーする形となっています。

 

出典:西日本鉄道「2021 年 3 月 13 日(土) 天神大牟田線ダイヤ改正」

 

西鉄福岡駅のダイヤ。

特急が復帰するのは15時30分からとなる他、毎時18・48分発の小郡行き急行が消滅しています。

 

 

終電繰り上げ

平日は終電時刻を15~30分繰り上げると共に、21時以降の列車を減便します。土日は終電時刻を15分繰り上げます。

また、今回のダイヤ改正より新たに「日祝ダイヤ」を設定。データイムは土曜ダイヤと同じですが、朝や18時以降の減便を行うとのことです。

 

 

変更内容

平日ダイヤ

現行 732 本⇒713 本(▲19 本削減(約 3%減))
(※内訳:普通+6 本、急行▲3 本、特急▲22 本)

<主な内容>
終電時刻を約 15~30 分繰り上げ・夜間帯(21 時以降)および昼間帯の減便。
・主に福岡-二日市間を減便し、二日市-大牟田間は現行本数を維持。

 

土曜ダイヤ

現行 654 本⇒642 本(▲12 本削減(約 2%減))
(※内訳:普通▲5 本、急行▲5 本、特急▲2 本)

<主な内容>
・終電を15分繰り上げ、及び朝時間帯の減便。

 

日祝ダイヤ

現行(土日ダイヤ) 654 本⇒626 本(▲28 本削減(約 4%減)
(※内訳:普通▲15 本、急行▲11 本、特急▲2 本)

<主な内容>
・終電繰り上げ。及び朝時間帯・18時以降の減便。
終電時刻を約15分繰り上げ、19~21 時台の福岡発着便を中心に減便。

・福岡(天神)~二日市間を中心に全区間において減便。

 

 

 

関連リンク

【西日本鉄道】有料座席指定車を導入か…車両は既存のものを使用

【西日本鉄道】コロナダイヤ設定で土日を大幅減便…特急運休・急行30分サイクルに

 

参考文献

西日本鉄道「2021 年 3 月 13 日(土) 天神大牟田線ダイヤ改正

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

28日(日)
1日(月)
2日(火)
3日(水)
4日(木)
  • なし
5日(金)
6日(土)
7日(日)

西日本鉄道カテゴリの最新記事