筑豊電鉄、4月から運賃を値上げへ

筑豊電鉄、4月から運賃を値上げへ

北九州市を走る筑豊電気鉄道は、2022年4月1日から運賃を10円値上げした210円にすることを発表しました。

コロナウイルスの影響により乗客数が減少していることを理由に挙げています。対象は1区・特1区だけで、必要最低限に抑えられています。

また、今回の値上げは九州運輸局への認可運賃を申請済で、その範囲内での値上げになります。

 

改定後運賃

普通旅客運賃

区間改定前価格改定後価格
1区・特1区
例:黒崎駅前~熊西等
200円210円

その他区間、例えば黒崎駅前~筑豊直方等についてはこれまでと変わりありません。

 

定期旅客運賃(通勤)

区間改定前価格改定後価格
特1区7,350円8,000円
1区8,150円8,550円
2区9,760円10,270円
3区11,770円12,410円
4区12,970円13,680円
5区14,590円15,390円
6区15,800円16,680円
7区17,000円17,960円

尚、定期券運賃については全区間で変更があります。

 

関連リンク

【西日本鉄道】ダイヤ改正でデータイム特急消滅

【西鉄】9000形(9111F・12F)、新製陸送

 

今週の鉄道イベント情報

6月9日(日)
6月10日(月)
6月11日(火)
6月12日(水)
6月13日(木)
6月14日(金)
6月15日(土)
6月16日(日)
6月17日(月)
6月18日(火)
6月19日(水)



西日本鉄道カテゴリの最新記事