南海電気鉄道N10・20形(高野山ケーブル)編成表

南海電気鉄道N10・20形(高野山ケーブル)編成表

極楽橋と高野山を結ぶケーブルカー(鋼索線)、N10・20形客車編成表です。

2021年現在、極楽橋~高野山間に2本が配置されています。

客車部分はスイスのCWA社が製造を担当しており、日本の「日本ケーブル」社が輸入・カスタムして南海に納入する形となっています。

南海鋼索線のケーブルカーとしては、4代目にあたります。

 

所属車両基地:-

運用路線:南海鋼索線

 

 

高野山ケーブル車両

←極楽橋  高野山→

 編成名 基本編成 竣工日
メーカー
N11
N21

-

N11

 

 

 

2019.3
日本ケーブル
N12
N22

-

N12

 

 

 

2019.3
日本ケーブル

 

 

ギャラリー

車両は2編成。ケーブルカーなので、高野山と極楽橋に2編成が必ず到着する構造となっています。

 

 

 

基本仕様

車両型式:N10・20形
編成乗車定員:181名
製造:日本ケーブル株式会社
(キャビン部分製造:スイス CWA社)
幅:3m
長さ:14m
高さ:3.3m

 

公式サイト

南海電気鉄道「昭和から平成にかけて88年にわたり、高野山への輸送を支えるケーブルカーを54年ぶりに新造 「新型 高野山ケーブルカー」車両デザイン決定

 

関連リンク

【南海】新型高野山ケーブル(4代目)のデザインを公開!2019年3月より運行開始

南海極楽橋駅㊙情報

『HYDEサザン』のサイン場所・予約方法・時刻表は?




南海電鉄カテゴリの最新記事