「甘露寺前駅」が鬼滅の刃の聖地に?駅名看板まで変える徹底ぶり

「甘露寺前駅」が鬼滅の刃の聖地に?駅名看板まで変える徹底ぶり

和歌山電鐵にある甘露寺前駅

ここは漫画『鬼滅の刃』に登場するキャラ「
甘露寺蜜璃
かんろじみつり
」と同じ名前ということで注目を集めています。

 

なんと12月1日からは、駅名看板(駅名標)も甘露寺蜜璃をイメージしたピンクのカラーにわざわざ変えているようです!これはびっくり!

これらは全て、甘露寺前駅が位置する紀の川市の「かんろじまえのひ・み・つ」というPRに和歌山電鐵が協力した一環のようです。

 

 

恋に染まった甘露寺前駅

甘露寺前駅は、線路とホームがそれぞれ1つだけの、のどかな駅。和歌山市の東側、紀の川市に位置します。

「甘露寺前駅」の看板。誰かが貼ったのか、ハートのシールが…

 

駅に入ってみると「」と描かれたのぼりがズラズラ…と掲げられていました。

 

駅構内にもこの通り。

何故恋なのかというと、甘露寺蜜璃の肩書が「恋柱」と呼ばれているからです。

 

主人公が属する「鬼殺隊」の中で最も位の高いリーダー格を「柱」と呼ぶのですが、甘露寺蜜璃はこの中で「恋柱」と呼ばれる存在。

この他、作中には蟲柱や水柱など、様々な「柱」が登場します。

 

また図柄にねこが入っているのは、甘露寺蜜璃がねこ好きであることからと思われます。

 

先にも書きましたが、駅名看板をわざわざこのために変えるという徹底した便乗ぶり。

これまでの看板はこちら

 

 

甘露寺蜜璃さんがどんなキャラかというと、そうそうちょうどこういう桃色と緑色の髪をした……ん?

 

……(明らかに甘露寺さんに似せてきている…)

 

 

駅前にある甘露寺 

駅から徒歩10分程度の場所に「甘露寺」というお寺があります。駅名はここから取られています。

 

以前はコラボキャンペーンもやっていたようですが、訪れた12月中旬時点では既に終了しているようでした。

 

 

関連リンク

京都鉄道博物館の機関車、明日より「無限列車」へ変身!

【鬼滅の刃】「無限列車」のモデル、8620形機関車が京都にあるので見てきました



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

5日(金)
6日(土)
7日(日)
8日(月)
9日(火)
10日(水)
11日(木)
12日(金)
13日(土)
14日(日)

他鉄道カテゴリの最新記事