【JR西日本】289系が金色に!…明智光秀のPRで8月から

【JR西日本】289系が金色に!…明智光秀のPRで8月から

福知山城や黒井城など、北近畿エリアには中世の戦国武将である「明智光秀」のゆかりの地が数多く位置しています。

そんな明智光秀の地をPRするため、北近畿エリアの特急「こうのとり」で使用される289系に金色のラッピングが施される事になりました。

 

概要

 

FG401の4両編成まるまる全てに金色ラッピングを行っています。明智光秀本人の他、細川ガラシャ(明智光秀の娘)や福知山城などのゆかりある人物・場所が描かれます。

 

運転期間…2020年8月8日~21年10月末頃
列車…289系4両編成
運行開始列車…「こうのとり10号」 福知山 9:50 → 新大阪 11:29

 

289系は、元サンダーバード・しらさぎ用に使用されていた683系から、交流機器を取り外した形式です。

基本的には福知山線用特急のいずれにも充当される予定で、初発こそ「こうのとり10号」なものの、それ以後は「こうのとり」「きのさき」「はしだて」のいずれかに共通で運用されるとのこと。

ちょっと追いかけるのが大変かもしれませんね…

 

何故金色?

出典:西日本旅客鉄道株式会社「明智光秀ゆかりの地を辿る ラッピング列車を運行します! 」

 

そして、何故ゴールドカラーなのか…ですが、これは「金屏風」をイメージしたものだそうです。なるほど。

はいそこ、う◯ことか言わない。

 

 

関連リンク

289系編成表-(くろしお・こうのとり用)

 

参考文献

西日本旅客鉄道株式会社「明智光秀ゆかりの地を辿る ラッピング列車を運行します! 」 2020年7月27日

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
14日(火)

JR西日本カテゴリの最新記事