【南海】6000系が廃車開始…廃車1本目は6035Fに

先日高野線に8300系が投入されていることを書きましたが、その玉突きとして6000系の廃車がはじまりました。今回廃車となったのは、6035F(6035-6915-6818-6036)です。

南海6000系はその強靭なステンレスのボディから、製造後57年が経っても一両も廃車を出していない稀有な形式でした。

 


屋根上機器が取り外され…

パンタグラフや屋根上機器が取り外され、陸送待機中の6300系。この編成は4両ですが、既に難波方の2両(6035-6621)はどこかへと陸送された後のようでした。

「6036」のナンバープレートが見えます。おそらく隣の中間車は6622号車と思われます。

また、中間車では床材を剥がしたような様子が伺えました。

 

確定事項のように流れていたが…

【南海】高野線に42億円を投資して2019年秋より新車投入へ。6000系全車両を代替

以前お伝えした通り、今年度は30両が投入される運びとなっており、それにあわせて6000系も廃車が進むと見込まれます。

 

Twitterでは(恐らく内部情報関係者筋から)「廃車である」との話が確定事項のように広まっていましたが、当サイトでは確信となる根拠がなく信憑性に欠けていたことから、これまで扱っていませんでした。

しかし、機器類が取り外されているのを今回確認したことから、記事として取り上げました。

【南海】高野線の新型車両、8300系が22年ぶりに登場!

今回、8300系がこの代替として現在試運転を行っている最中の模様です。

 

廃車編成

←難波 6035-6621-6622-6036 橋本→


2 件のコメント

  • 是非、同期の東急7700系と同様に地方私鉄に譲渡を。
    個人的な意見で例えば、海に近いとこを走っている銚子電鉄や、ユーカリが丘線と同様に冷房車ゼロの弘南鉄道には最適かと思います。
    拡散して下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です