嘘をつくのは低コスト、嘘を検証するのは高コスト

これを解決するには、嘘をつく人に絶対的なコストをかけないといけません

その解決策が私の中で案としてはあるのですが、実現するために何をすればいいのか…がわからずにいます。

 

ただ、喜ばしいことにインターネットが普及したことによって嘘を検証するコストが下がりつつあります。テレビがつく嘘をするにインターネットで検証、拡散して修正できるのが良い例ですね。

近年は日本政府もあまりテレビを信用しなくなったのか、自前でYoutubeやFacebookなどのネット配信を行っています。

アメリカでもトランプ大統領が「マスメディアはフェイクニュースばかりだ!」と騒いだことからもわかるように、基本的に既存メディアにとって都合の悪いことは放映しません。

ソーシャルメディアをみていても安易に女子鉄にレッテルを貼って叩く風潮がありますが、そのレッテルがもし虚実でも現状では何もお咎めがないのが現実です。そういう時に叩く側へ絶対的なコストをかけなければいけないと思うのです。


今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

14日(土)
15日(日)
16日(月)
17日(火)
18日(水)
19日(木)  なし
20日(金)
21日(土)
22日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。