【南海・近鉄】世界遺産登録記念!ラッピング列車を運行へ

堺市にある百舌鳥古墳群、羽曳野市、藤井寺市にある古市古墳群の世界文化遺産への登録を記念して、沿線を走る南海電鉄と近畿日本鉄道は、自社線車両に記念ラッピング列車を運行することを発表しました!

南海電気鉄道は、「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念キャンペーン」の一環として、「I LOVE古墳♡な古墳好き集まれ!ハニワ駅長と一緒に古墳ワールドへ行こう!!」を開催。旅行日は、2019年7月20日(土)の日帰り。集合場所(時間)は、難波駅2階中央改札前(11:00)。ラッピング列車の難波駅入駅見学、記念イベント参加、ラッピング列車による特別列車への乗車(難波~三国ヶ丘間)などを実施。

出典:南海 高野線 ハニワ駅長ラッピング列車乗車ツアー

 

南海電鉄

出典:南海電気鉄道「ラッピング列車運行開始記念セレモニーを開催 」

・車両:1000系6両
・運行期間:2019年7月21日~2020年6月30日
・運行区間:南海本線/空港線 難波~和歌山市/関西空港間
(7月20日に記念セレモニーを難波駅4番線で実施、この日のみ高野線を運行)

古墳群はどちらかというと高野線側が最寄りですが、本線を走らせるのはインバウンド旅行客へのアピールが狙いなのでしょうか…?

記念セレモニーには最近地味に人気を博している「ハニワ駅長」もやってくるそうです。笑

 


 

近畿日本鉄道(あすか万葉トレイン)

出典:近鉄ニュースリリース「「あすか万葉」トレインを7月30日(火)から運行開始」

・車両:6620系4両
・イラスト担当:里中満智子氏
・運行期間:2019年7月30日~当分の間
・運行区間:南大阪線/吉野線/長野線/御所線
(7月30日に記念セレモニーを大阪阿部野橋駅駅5番線で実施)

全面ラッピングの南海と違って、近鉄は部分的なラッピングに留まります。

 

両社共同のHMを掲出

また、今回の世界遺産登録に合わせ、南海・近鉄の両社で同じデザインの記念ヘッドマークを掲出するそうです!

南海電気鉄道、近畿日本鉄道、阪堺電気軌道、南海バスは、「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念キャンペーン」の一環として、共通デザインロゴマークのヘッドマークなどを掲出。掲出開始日は、阪堺電気軌道が2019年7月20日(土)、南海と南海バスが21日(日)、近鉄が28日(日)。

出典:南海・近鉄など 世界遺産ヘッドマーク 掲出

 

南海電鉄

南海本線・空港線:1000系1編成(6両)、3000系1編成(8両)、8300系1編成(6両)
高野線(難波~橋本間)・泉北高速鉄道線:6200系2編成(6両)

近畿日本鉄道

南大阪線・吉野線・長野線・御所線:6020系1編成(3両)

阪堺電気軌道

1001形堺トラム 3編成、501形2編成

南海バス

堺・東山営業所の路線バス約100台

 

関連リンク

阪和線の沿線から「【南海電鉄】百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録を記念してラッピング列車運行(2019.7.21~2020.6.30)7月20日は高野線を特別運行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。