JR西日本所属N700系「のぞみ34号」の台車に亀裂…小倉で異臭を把握するもそのまま走行→JR東海が緊急取り換え

これはちょっとまずいことになりそうです…

車両を保有するJR西日本などによると、のぞみ34号は11日午後1時33分に博多駅を出発。先頭を16号車、最後部を1号車として東京駅に向かった。同1時50分ごろ、小倉駅を発車した際、乗員が焦げたような臭いがすることに気付いた。岡山駅から車両の保守担当の社員が乗車し、うなるような音を耳にしたが、走行に支障はないとして、運行を続けたという。

同4時20分ごろに京都駅付近で車掌が異臭を確認。同5時すぎに名古屋駅で車両の床下を点検したところ、油漏れが見つかったため、運行を取りやめた。約1000人の乗客は後続の列車に乗り換えた。

11日夜に13号車の台車の側面に亀裂が入っているのが発見されたほか、モーターの回転を車輪に伝える「継手」が変色しているのが見つかった。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24542660S7A211C1CR8000/

なお、当該編成はJR西日本所属車のN700系5000番台、K5編成とのことです。12日現在も名古屋駅15番ホームに停車中とのこと。

 

【追記】JR西日本からもプレスリリースが上がっていました。より正しい状況認識のため、こちらも記載しました

小倉駅発車時、7・8号車付近でパーサーおよび客室乗務員より「焦げたような臭いがする」との申告がありました。車掌による車内点検のほか、岡山駅より車両保守担当社員が添乗して確認したところ、13・14号車間で「うなり音」を確認しましたが、走行に支障するような音ではなかったため、運転を継続しました。

その後、JR東海区間に入り、京都駅付近にて車掌が異臭を認めたため、名古屋車両所社員が名古屋駅に出動し、車両床下の点検を実施したところ、歯車箱付近に油漏れを認め、走行が不可能と判断し、のぞみ34号を前途運転取り止めとしました。

出典:https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/12/page_11605.html

 


小倉で気づくも「問題なし」として走行

この問題は、小倉の時点でパーサーおよび乗務員が異臭を把握、更に報告を受けて岡山から乗車してきた車両保守担当者が「車両を止めて点検すべき」と報告していたにも関わらず、輸送司令が「問題なし」としてそのまま走行させたこと。

出典:https://www.westjr.co.jp/press/article/items/171219_02_kannkeishiya_3.pdf
出典:http://www.sankei.com/west/news/171219/wst1712190092-n2.html

また、JR東海の担当者がいち早く気づいて西日本区間では行わなかった「車両床下点検」を行い状況を把握して、車両基地のある名古屋で交代させたことにあります。

これでは、福知山線の事故から変わっていないと批判されても仕方ありません。