【駅弁紹介】南洋軒「近江牛 焼肉ハンバーグ弁当」

【駅弁紹介】南洋軒「近江牛 焼肉ハンバーグ弁当」

京都駅で販売されている南洋軒の「近江牛 焼肉ハンバーグ弁当」を京都への帰りに買ったので、今回レビュー記事をお届けします。価格は1,340円です。

 

2種類のお肉

「近江牛 焼肉ハンバーグ弁当」は、嬉しい石灰での温め機能付き(加熱式容器)。

この線を引っ張ると熱が噴出し、温かい状態で食べることが出来ます。

この機能を考えた人、本当に神過ぎて心からありがとうを言いたくなります。

この加熱式駅弁を作ったのは神戸の淡路屋さんだそうです。
福井県にあるフクビ化学工業と共同開発し、「あっちっちスチーム弁当」として送り出したのが駅弁第一号なんだとか。

でん!内容はこんな感じです。

「近江牛 焼肉ハンバーグ弁当」の中身

味付けご飯
近江牛焼肉
ハンバーグ
コーン
いんげん煮
にんじん煮
フライドポテト
パインアップル
デミグラスソース

 

この駅弁のメインでもあるツートップなお肉。

右の「近江牛焼肉」は柔らかい煮込み肉。味がしっとりしみこんでいておいしいですね。左の「ハンバーグ」はそこそこって感じでした。

 

販売場所

・京都駅の駅弁売店
・草津駅?

 

関連リンク

【駅弁紹介】源「ますのすし」

【駅弁紹介】源「ますのすし」

 

 

駅弁紹介カテゴリの最新記事