【JR西日本】富山駅前再開発ビル「MAROOT」のデザインを発表

【JR西日本】富山駅前再開発ビル「MAROOT」のデザインを発表
出典:JR西日本不動産開発株式会社「JR富山駅ビル外観デザインについて~2022年春開業予定~ 」

JR西日本不動産開発は、富山駅前南西側に現在建設中である「JR富山駅ビル」のデザインを発表しました。2022年春に開業予定です。

駅ビルは富山駅西側に設置され、地上12階建てとなります。上層階から駅前広場やLRTを見下ろせるビュースポットも設けられるようです。

入居する具体的なテナントなどはまだ発表されていませんが、ビルの名称は「MAROOT(マルート)」に決定しています。

 

 

テナント構成

・1~4F:商業施設
物販店・飲食店・サービス店など、約80店
※マリエとやまからも移転します

・4~12F:ホテル
客室約 190 室、温浴施設、飲食店

・1~5F:駐車場
立体・屋上自走式、約 400 台分

 

外観について

現地は富山駅周辺地区土地区画整理事業地に基づき、現在進められています。

ビルの外観は、富山を代表する景観である立山連峰の雪景色を思わせる白色をベースに、同じく立山連峰の美しい稜線を、外壁パネルのグラデーションによって表現。

建物の一部には、立山杉をイメージした濃茶色を設え、落ち着きと温かみのある印象を与えています。

 

名称について

「MAROOT」は、暮らしに必要なものをまるっと揃える、暮らしの根底(Root)を支える役割を…というコンセプトから名付けられたものです。

また、富山駅にて1952年に開業した「まると百貨店」からも引用し、歴史へのリスペクトも感じる名称です。

 

1952年…「まると百貨店」開業
1966年…「富山ステーションデパート・とやま駅特選館」開業
1985年…「マリエとやま」開業
2015年…「とやマルシェ」開業
2022年…「MAROOT」開業予定

 

 

施設概要

所在地:富山県富山市明輪町1番231号
敷地面積:約7,930㎡(富山市用地約4,208㎡、西日本旅客鉄道株式会社用地約3,722㎡)
主要用途:商業施設、宿泊施設、立体駐車場
延べ面積:約38,100㎡
階数:鉄骨造 地上12階
建物設置者:JR西日本不動産開発株式会社
施設運営者
<商業施設・駐車場運営>富山ターミナルビル株式会社
<宿泊施設運営>株式会社ジェイアール西日本ホテル開発

 

関連リンク

【悲報】富山地鉄、また駅名を長く変更。日本一の座を奪還するものの…

【富山地鉄】新しい2つの駅が開業!この日限りで乗車運賃も無料に!

 

参考文献

JR西日本不動産開発株式会社「JR富山駅ビル外観デザインについて~2022年春開業予定~

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
13日(月)
  • ↑↓
14日(火)

JR西日本カテゴリの最新記事