【阪堺】93歳の現役車両「モ161号」、クラウドファンディングを実施

【阪堺】93歳の現役車両「モ161号」、クラウドファンディングを実施

阪堺電気軌道は、国内最古の営業運転電車「モ161」号車の大規模修繕を行う予定です。

しかしながら、コロナウイルスなどの業績悪化による大規模修繕工事費用を捻出することが困難な状態。

そこで、クラウドファンディングを募集して大規模修繕工事を行うプロジェクトを発足させました。

 

1928年(昭和3年)から運行し、営業運転する電車では国内最古となるモ161形を4両所有しておりますが、トップナンバーであるモ161号は、阪堺線開業100周年記念事業の一環で、内外装を1965年(昭和40年)当時の姿に復原し、主に貸切電車として運用しております。前回の改造から10年を経過した昨今、半鋼車であるため木製部分を中心に腐食が非常に進んでおり、今後も同車両を運行し、維持していくためには早期の大規模修繕が必要であります。

そこで、本来であれば自社費用で施工するべきところではありますが、昨年から続く新型コロナウイルス感染症の終息が未だ見えないことに伴うテレワークの推進、イベントや外出自粛等の影響による業績悪化のため、同車両の大規模修繕工事費用の全額を捻出することが困難な状況にあります。

そこで今回、同車両を今後も継続して運行するために、当社並びにモ161号をご愛顧いただいている皆さまと一緒に本プロジェクトを成功させるため、クラウドファンディングの制度を活用し、ご支援をお願いする次第であります。

出典:https://www.hankai.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2021/03/5e4e12a8ac34d04a37ccd2e895eff15c-1.pdf

 

目標金額は748万円修繕内容は乗降口扉の新製と取替、外板修理・塗装更新など基本的なものばかり。

それだけでも、ここまで(恐らくこれ以上)費用がかかるのですね…。

 

 

思ったより

出典:https://www.hankai.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2021/03/5e4e12a8ac34d04a37ccd2e895eff15c-1.pdf

当該のプレスリリースには、現状の写真がアップされていました。

文字で見るよりも、イメージで見たほうがわかりやすいですね。主に木製部分の損耗が大きい他、先頭部分にも凹み、塗装の劣化が見られます。

 

 

リターンは?

クラウドファンディングといえばリターンですよね。

寄付する代わりに、各種返礼品を受け取れる仕組みです。今回のリターンの内容はどんなものがあるのでしょうか。

 

~1.2万円

①3,000円 【募集数/制限なし】
・モ161形ポストカード(5枚入り)※非売品 1セット

②5,000円 【募集数/制限なし】
・モ161形オリジナルマスク ※非売品 1セット(大人用2枚組:南海グリーン・金太郎塗装)

③8,000円 【募集数/50】
・著者山本巧次氏の直筆サイン(支援者名あり)入り
小説「阪堺電車177号の追憶」 1冊

④12,000円 【募集数/300】
・モ161形写真集(運行当時から今回の修繕・完成までを記録)※非売品 1冊

 

2.5万~10万円

⑤25,000円 【募集数/5】
・モ161形の木製支持ポール付きつり革 1本
※我孫子道での受け渡し
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

⑥30,000円 【募集数/120】
・「モ161号大規模修繕工事」竣工お披露目車庫撮影会ツアー
※参加者は、支援者本人一名限り
※撮影会ツアーの実施は、2021年9月中旬を予定
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

⑦50,000円 【募集数/2】
・モ161号の降車口扉(片開き) 1枚
※扉の指定は出来ません
※取っ手などの金具類はレプリカとなります
※我孫子道での受け渡しとなります
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

 

⑧70,000円 【募集数/6】
・モ161形で使用していた方向幕 1台
※手廻しハンドル・巻き取り機器あり
※我孫子道での受け渡しとなります
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

⑨100,000円 【募集数/2】
・モ161号の乗車口扉(両開き:2枚1組) 1セット
※扉の指定は出来ません
※取っ手などの金具類は、レプリカとなります
※我孫子道での受け渡しとなります
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

⑩100,000円 【募集数/2】
・旧恵美須町駅ホームで使用されていた上屋レール柱(約1メートル) 1組
※カーネギー社製またはキャンメル社製(刻印あり)
※メーカー等の指定はできません
※我孫子道での受け渡しとなります
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

⑪100,000円 【募集数/3】
・山本巧次氏の作品へ登場できる権利
※新規作品の登場人物にご支援者さまの氏名が使用されます
・著者 山本巧次氏の直筆サイン(支援者名あり)入り
小説「阪堺電車177号の追憶」 1冊
・天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

3万円のプランはなかなかアツいですね。阪堺側もボリュームゾーンをここと絞った感があります。

5万円以上のプランはパーツがお好きな方向け…かな?

 

 

15万円~

⑫150,000円 【募集数/5】
・モ161号 1/80 縮尺 車両模型(HO ゲージ鉄道模型) 1 台
※ハンドメイドによるペーパー製車体の精密鉄道模型
市販の鉄道模型製品(レール・制御機器)などで走行出来る動力ユニット組込済み
天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

⑬200,000円 【募集数/2】
モ161号を全線で貸切運行できる権利 1回分
※運行区間は、阪堺線・上町線を全線往復乗車できます
オリジナルヘッドマークを作成し、掲出して運行可能
(但し、弊社のデザイン審査があります)掲出後は持ち帰り可能。最大18名まで。

天王寺駅前駅に氏名を期間限定で掲出(希望者のみ)

 

20万円の権利、流石にすごいですね。阪堺線全線(天王寺~浜寺駅前~我孫子道~恵美須町全線)往復貸し切りとは……

 

 

応募ページへのリンク

クラウドファンディングの応募はこのページから。

現在はまだ非公開ですが、3月30日の午前9時から応募が始まる見込みです。

 

 

参考文献

阪堺電気軌道『モ161号大規模修繕工事プロジェクト始動!! 百寿まであと 7 年…モ161号の大規模修繕工事を
クラウドファンディングにより実施します』

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
  • ↑↓
29日(火)
  • ↑↓
30日(水)
1日(木)

阪堺電気軌道カテゴリの最新記事