【悲報】「名鉄資料館」が12月25日をもって閉館…既に予約は全て満席に

【悲報】「名鉄資料館」が12月25日をもって閉館…既に予約は全て満席に

岐阜県にある「名鉄資料館」が、2020年12月25日をもって閉館することになりました。

これを見て「閉館前に行っておこう…」と思われた方も多いと思うのですが、残念ながらもう既に閉館日までの予約が埋まってしまっています。

尚、資料館にあった資料は、名古屋鉄道の資料倉庫で保管する予定であるとのことです。

 

名鉄資料館は、名古屋鉄道の歴史を物語る数々の資料の保存・展示施設として、創業100周年である1994年(平成6年)6月に開館し、以来多くの皆さまにご来館いただきましたが、本年12月25日(金)をもちまして、閉館する運びとなりました。
開館以来長きに亘り、多くの皆さまにご来館いただきましたこと、深く御礼申し上げます。
なお、現在名鉄資料館に保存している資料については、今後、当社資料倉庫にて保管する予定です。

出典:https://www.meitetsu.co.jp/recommend/library/index.html

 

予約システムは…

サイトの予約カレンダーを見てみると…

 

10月:満席

11月:満席

12月:満席

 

どう見ても行けません。本当にありがとうございました。

 

 

名鉄資料館とは

名鉄資料館は、創業100周年を記念した1994年に開設。入場料金は無料。

 

出典:https://www.meitetsu.co.jp/recommend/library/index.html

館内には様々な文献の展示や、座席・発車標、7000系運転台、鉄道模型などが収められていたようです。

 

26年をもって、その歴史に幕を下ろすこととなります。

 

名鉄資料館は、平成6年6月、名古屋鉄道創業100周年を記念して開館しました。

当社の創業は、明治27年の愛知馬車鉄道の設立に遡ります。その後、間もなく名古屋電気鉄道と社名を改め、明治31年には、我が国二番目の電気鉄道として笹島~県庁前間の営業を開始いたしました(中略)

名鉄資料館では、こうした幾多の混乱期をのりこえ今日に至るまでの当社の歴史を物語る数々の貴重な資料を保存、展示し、先人の足跡を偲ぶよすがとすると共に、新しい発想を生み出す糧にしたいと考えております。

出典:https://www.meitetsu.co.jp/recommend/library/index.html

 

アクセス性の悪さ

名鉄資料館の特筆する点として、段違いなそのアクセス性の悪さがあります。

開館時間は平日の10~12時と13~17時、土日は休みという行ける気が全くしない鬼畜スケジュール。しかも資料館の場所は駅(日本ライン今渡駅)から徒歩25分という立地で、試されるかなりハードな博物館でした。

 

鉄道企業の博物館は以前ご紹介した近鉄もありましたが、こちらは上本町駅直結と非常に行きやすく、私も一度お邪魔したことがありました。

 

関連リンク

【近鉄】上本町にあった「近鉄資料室」を覚えていますか

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
14日(火)

名古屋鉄道カテゴリの最新記事