【阪急】8000系・8300系に記念ヘッドマークとアルミプレートを掲出

【阪急】8000系・8300系に記念ヘッドマークとアルミプレートを掲出

阪急電鉄は、デビューから30周年を記念して現在運行している「クラッシック(原文まま)8000系・8300系」に、記念のヘッドマーク、および車内へ記念のアルミプレートを掲示すると発表しました。

掲出期間は2020年9月24日~11月4日までの約1ヶ月とちょっとです。

出典:阪急電鉄プレスリリース

ヘッドマークデザインは上記。

8300号車(大阪梅田側先頭車両)のみ、原則的にラッシュ時の増結開放に従事しているという理由から、ヘッドマーク掲出の対象外となっています。

 

Classic 8000とは

クラッシック8000、8300系とは、30年前にデビューした登場当初を意識してデザインを原型へとなるべく復刻させた列車です。

具体的には前面にある銀色の飾帯、側面につけられた昔の阪急電車のHマーク、そして旧社章などで、これらをラッピングの形で復刻させています。

現在、神戸線(8000編成)宝塚線(8004編成)・京都線(8300編成)の3線で2019年から運行されており、この復刻編成自体は2024~2025年まで継続して運行される予定です。

 

関連リンク

【阪急】新型車両40両を2021年3月までに投入予定…残りの新造は3本?

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

5日(金)
6日(土)
7日(日)
8日(月)
9日(火)
10日(水)
11日(木)
12日(金)
13日(土)
14日(日)

阪急電鉄カテゴリの最新記事