【阪神】日本一加速が早い5001形車両、5700系に置き換えへ…2023年度までに

【阪神】日本一加速が早い5001形車両、5700系に置き換えへ…2023年度までに

阪神電鉄は、国土交通省へ提出した「移動等円滑化取組計画書」という文書の中で、阪神本線にて使用されている旧型車両5001形を、5700系「ジェットシルバー」で置き換えることを明言しました。

資料によると、置き換えは2020年度から2023年度にかけて行われる予定で、対象は32両(5001形全編成)とのこと。

 

本線普通車両の一部(32 両)及び武庫川線で使用している車両(8 両)は、新造竣工後 40 年を経過しており、移動等円滑化が十分になされていないことから、本線普通車両(32 両)については、2023 年度までに全車両を新型車両に置き換える計画である。また、武庫川線車両(8 両)については 2020 年度に全車両、車齢 20 年程度の車両を改造して移動等円滑化対応を推進する。

出典:「移動等円滑化取組計画書(第1号様式)【阪神回答】20191226

障害者の方への移動円滑化が十分になされていない」ということが置き換えの理由のようです。

具体的には車内液晶ディスプレイがないことによる、運休情報などリアルタイムでのバリアフリー情報提供力の欠如、および次の停車駅や行先・列車種別など日常的な情報提供力の欠如が挙げられます。

 

 

日本一の加速力

5001形は1977年~81年にかけて2両編成x16本が導入され、加速が早い阪神普通列車「ジェットカー」の中でも、最も加速度が高い(4.5 km/h/s)電車で、日本一を誇ります。

今回のリリースはそんな5001形の全廃(4両編成x8本在籍)を明言した資料であることから、驚きをもって迎えられています。

代替とされる5700系は当初から5001形、及び5131形・5331形の置き換え目的で登場した電車です。

5700系は、既に5131・5331形の置き換えを完了しています。



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
29日(火)
30日(水)
1日(木)
2日(金)
3日(土)
4日(日)

阪神電鉄カテゴリの最新記事