【JR東海】315系のデザインや詳細を発表!2021年度から352両を新製、静岡や名古屋等へ

【JR東海】315系のデザインや詳細を発表!2021年度から352両を新製、静岡や名古屋等へ

以前ご紹介した、JR東海の新型車両315系投入計画。今回、JR東海より改めて発表がありましたので、詳しくご紹介します。

やはり事前の紹介通り、211系・213系・311系が車両取替となるようで、720億円をかけて2021年度から352両を新製するとのことです。尚、211系に関しては全廃となります。

 

 

デザイン

発表されたデザインはまだ叩き台といった感じ。ここからヘッドライトや前面造形などが行われていきます。

311系・313系と比べてオレンジ色の配色面積が広くなっており、よりコーポレートカラーを意識したデザインとなっていますね。また、全体的に上部へと移動しているのは、将来的にホームドアを導入する為のデザインなのでしょうか。

 

…このデザインを見て、東急のこのあたりの電車

 

京王のこのあたりの電車をイメージされた方、いらっしゃいますか? 私もです

 

機能・特徴

・現在試験中の「ひだ」用HC85系と同じ台車構造を採用。
・車内案内表示としてフルカラーの液晶ディスプレイを採用
・車椅子スペース、車椅子対応トイレを採用

・非常走行用蓄電装置の採用(非常時に停止するのでなく、最寄り駅まで走行が可能)
・車内防犯カメラを1両につき5箇所設置

・モーター駆動の電力変換装置にSiC素子を導入、211系と比較して35%省エネに
・室内灯、及び前照灯(ヘッドライト)にはLEDを採用

・最高速度は130km/h(313系も同じなので、将来的にはスピードアップ化を狙う?)

 

投入計画

2021年度から2025年度にかけて352両を新製、名古屋・静岡都市圏はもとより、中央本線・東海道本線・関西本線などにも投入されていく予定です。

青春18きっぷで旅をする「18きっぱー」としては最初の難関としてよく話題になる静岡ですが、従来どおりのロングシートですね。ただ、315系はこれまでに無い場合があった「トイレ」がつくので、そこは救いでしょうか笑

 

参考文献

JR東海「在来線通勤型電車の新製について

 

関連リンク

【速報】JR東海、315系を2020年度中に開発開始…国鉄型を全て置き換えへ

【JR東海】315系通勤型電車の新製を発表。352両を新製し、211系、213系、311系を更新へ

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

6日(月)
7日(火)
8日(水)
9日(木)
10日(金)
11日(土)
12日(日)

JR東海カテゴリの最新記事