5/31で閉館する「千里セルシー」を見てきました

千里セルシー

千里中央駅に直結する「千里セルシー」が、2019年5月31日をもって営業を終了すると発表しました。

その理由は「建物の老朽化」と「耐震性を満たしていないこと」です。

千里セルシーは大阪万博2年後の1972年にオープン。以後47年間に渡って営業を続けてきました。特に駆け出しのアイドルや歌手の登竜門的位置づけのイベントが行われており、大物歌手になっていった人も多かったようです。

しかし、2018年6月の地震の影響をモロに受けてかなりの範囲においてダメージがあり、3階以上のフロアが軒並み禁止になるなど、ほぼ機能していない状態であったようです。

掲示された閉館のお知らせ。5月31日をもって閉館する旨が書かれています。

 

商業施設セルシー(以下「弊施設」といいます。)は1972(昭和47)年に開業し今日までの47年間商業施設として営業してまいりました。

しかしながら、建物の老朽化も進み、耐震改修促進法等の求める耐震性能を満たしていないことや、昨年6月の大阪北部地震による建物影響があったため、セルシー広場や上層階の一部を閉鎖しておりました。

そのようなことから、この度、弊施設は、2019年5月31日をもちまして、閉館(※)することといたしました。
永きにわたりご愛顧いただきましたことを感謝申しあげるとともに、閉館につきご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

これにより、弊施設内の自由通路等も6月1日以降は通り抜けができなくなります。
ご不便とご面倒を お掛けしますが、何卒、ご理解とご了承を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

出典:http://www.selcy.co.jp/event_info/20190601.html

 

豊中報道2さんから報道され、私も少し気になったので行ってきました。

 


きゃりー・氷川きよしも来店したセルシー

千里セルシー

千里セルシー全景。北大阪急行千里中央駅南側に位置します。

イベント用のスペース。冒頭でも書きましたが、駆け出しの歌手のコンサートなどが行われていたようです。

歌い手側からは、こんな風に見えていたのでしょうか

来訪記念の色紙スペースもありました

なんときゃりーぱみゅぱみゅが来ていたとは…すごい。

氷川きよしも来訪。何気にすごいところなんですねここ

 

 

ほとんどが「安全確認中」「立ち入り禁止」

3階以上のフロアはほぼ封鎖されていました。

 

エレベーターも封鎖され、階上に上がれなくなっています。

ダイエーも約1年ほど休業を余儀なくされていたようです。

お店も閉店。早いところでは5月末を待たずに閉店するようです。

ただ、一部のテナントはまだ退店時期が決まっていないようで、「施設は閉館するもののテナントは残る」という変則的な状態がしばらく続くそうです。

もちろんその間、建物の管理は行っていくとのこと。

 

今後何が出来る?

千里セルシーのサイトによると、次のように発表があります。

隣接する千里阪急と弊施設との一体開発検討につきましては、現在も検討中であり、今後も取り組んでまいる所存ですので、引き続き、ご理解・ご協力のほど、宜しくお願い申しあげます。

出典:http://www.selcy.co.jp/event_info/20190601.html

 

千里の阪急百貨店と一緒に再開発することを検討中…とのこと。生まれ変わって大型のビルが建つのかもしれませんね。

予想外のダメージをもたらした2018年の地震。大阪では千里セルシー以外にも民家などで被害が顕著で、未だになんともならない状態の半壊建物が結構あります。

今後、こうした千里セルシーのような閉館するところも出てくるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。