ライブ・コミケ遠征時に「新幹線かつ10,500円で東京へ行く」方法

日々、ライブ遠征やコミケ、趣味活動で遠くまで遠征活動される大阪の皆さん。お疲れ様です!

先日、バンギャ好きな友人から「東京まで新幹線で安く行く方法ない…?バスはキツいからなしで」という相談が届きまして、結構こういう悩みをもたれる方は多いのでしょうか

 

出典:http://www.jrtours.co.jp/kodama/

結論から言うと、「ぷらっとこだま」というものを使えば、新大阪~東京が1万500円で移動できます!

 

時間は4時間半、値段1万500円

「こだま」は各駅停車タイプの新幹線の名前です。新大阪~東京間を4時間程度で走ります。

この他、京都・名古屋・新横浜・品川しか止まらず2時間半でぶっちぎる「のぞみ」、そこに「浜松」「豊橋」などを追加して2時間強程度で走破する「ひかり」があります。

各種比較

4時間半かかるとはいえ、夜行バスのように同じ席で8・9時間も動けないことを考えるとはるかに快適です。トイレも各号車についていますし、安心してお弁当や酒も飲めるのがメリットです。

新大阪発の料金を比較してみましょう(2017年11月15日現在)

ぷらっとこだま 通常新幹線 差額 備考
東京・品川  ¥10,500 ¥14,140  ¥3,640 夜行バス:¥4,000程度
(ウィラーバス)
新横浜  ¥10,400  ¥13,810  ¥3,410
静岡  ¥8,200  ¥10,880  ¥2,680
浜松  ¥7,100  ¥8,940  ¥1,840
名古屋  ¥4,400  ¥6,350  ¥1,950  近鉄特急:¥4,260

東京だと、往復で7,200円もの節約になります!往復4時間の差でこのコストパフォーマンスなら、選択の余地は大いにあるのではないでしょうか!

 

猛者は「青春18切符」

これも有名な方法ですが、「青春18きっぷ」を使えば3,500円程度で移動できます。但し時間は11時間ほどかかります。私もバスが無理なので、お金がないときはたまにこれで移動していました。

通称「静岡の地獄」などは人生で一度体験しておくと新幹線のありがたみがわかるのでオススメ(?)です