【速報】福岡市地下鉄の新車は「4000系」に決定!2024年秋から運行開始

【速報】福岡市地下鉄の新車は「4000系」に決定!2024年秋から運行開始
出典:福岡市地下鉄 1)

ついにきた!!!!

福岡市交通局は、空港線・箱崎線に投入する新型車両のデザイン、および形式名などを発表しました!

新車の形式名は「4000系」です!

既存車両が1000・2000(空港線系)・3000(七隈線)と来ているので、順当なナンバリングですね。

 

車両について

インテリア

出典:福岡市地下鉄 1)

車内イメージ。扉上には3枚のLCDモニタらしきを設置し、2画面で路線図・次駅案内を、残り1画面でニュース・広告配信が行われます。

座席幅は通勤電車としては国内最大の480mmを確保するなど、画期的な内容となっています。

 

世界初のSynRM

出典:三菱電機 2)

また、2020年に三菱電機が開発した同期リラクタンスモーター(SynRM)を営業列車としては世界で初めて採用。

レアメタルを使用しないこのモーターは、現在用いられている誘導モーターよりも更に効率性が高く、使用電力の20%低減が見込まれるそうです。

Synchronous Reluctance Motor(シンクロナス リラクタンス モーター)の頭文字を採ってSynRM。
2021年に東京メトロで試験を行っていたそうです。

 

外観

出典:福岡市地下鉄 1)

デザインは1000N系・2000N系と同じくブルーのラインを採用。あわせて、福岡空港の空をイメージしたスカイブルーを差し色として新たに採り入れています。

4000系は2024年4-5月に投入され、試運転を実施した後、2024年の秋ごろにデビュー予定です。

以前お伝えしたように、製造は神戸の川崎車両が担当。

6両編成を18本製造し、1980~86年に製造された1000N系車両の代替本数を確保します。

 

関連リンク

【速報】福岡地下鉄の新車、川崎車両が製造へ

参考文献

  1. 福岡市地下鉄「地下鉄空港線・箱崎線 新しい車両が決定しました!!
  2. 三菱電機「世界初、鉄道車両向け同期リラクタンスモーターとインバーター制御技術を開発

福岡市交通局カテゴリの最新記事