【やはり】京阪3000系の余剰中間車は13000系へ転用か

【やはり】京阪3000系の余剰中間車は13000系へ転用か

京阪3000系にプレミアムカーを投入したことで、長らく余剰となり車庫内で持て余していた中間車3750形ですが、噂通り(?)、通勤車13000系へ6月から編入すると東洋経済新報社が報じています。

余剰となった車両はしばらく車両基地で出番を待っていたが、2023年6月以降、改造工事を経て通勤車両の13000系に組み入れ、順次営業運転に復帰。置き換えられた13000系の車両は、新造する編成の中間車として運用する方針だ。

出典:東洋経済オンライン 1)

 

噂は真に

京阪電鉄のプレミアムカーは、2017年にまず8000系にて鳴り物入りで登場。

在阪メディアや鉄道ファンに「あの京阪が!?」と大きく注目を浴び、また期待通りの結果を収めました。

 

この際は既存車両を改造することで対応していましたが、続く3000系への投入時にはわざわざ新型車両(3850形)を調達。元々あった中間車両を外し、プレミアムカーを組み込んで運用に就いています。

この際に押し出された中間車両(3750形)は長らく出番がなく、寝屋川車両基地に留置される日が続きました。

3750形は6両が在籍しており、今月6月から順次営業運転へ久しぶりに復帰していくようです。

 

元13000はどうなる…?

ここで気になるのは、元々13000系についていた中間車両。

先程の東洋経済の記事内では「元13000系の車両を、新造する編成の中間車とすると書かれています。つまり玉突きになって元13000系の車両もまたどこかへ転用されるということです。

一見不合理さも垣間見えるこの転用ですが、わざわざ同じ形式内で付け替えるのは、製造年をなるべくあわせる為なのでしょうか…?

 

 

関連リンク

【京阪】3000系用 新プレミアムカー、寝屋川車庫へ搬入中!

参考文献

東洋経済オンライン「京阪3000系「中之島線開業のシンボル」から大躍進

4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
4月25日(木)
4月26日(金)



京阪電鉄カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO