【JR東海】HC85系は気動車免許がないと乗れない?

【JR東海】HC85系は気動車免許がないと乗れない?

こちらのブログ記事「スーパーはくとが姫路折返しになったら「大阪ひだ」にも影響する?」が大変面白く、

特に

「電車」と「気動車」では免許が異なります。つまり、新快速(電車)の運転士が、スーパーはくと(気動車)を運転することはできません。

別の言い方をすると、スーパーはくと(一日7往復・現在はコロナ禍により6往復)のために、京都エリアに気動車免許持ちの運転士をわざわざ配備しないといけないわけ。

これはやはり、運用面や管理面で非効率的でしょう。飲食店に例えると、あまり品数が出ない料理に対して、専属の料理人を雇っているようなものです。

出典:https://blog.kys-honpo.com/entry/hakuto-himejiorikaeshi-osakahida 1)

太字部分の表現の仕方がとてもわかりやすく、私も見習わないとな…と痛感しました

 

このユニークで面白い記事を是非皆さんに見ていただきたくて、自分のツイートでも紹介したところ…

フォロワーさんから、

HC85系は電車免許でも補講で運転できるはずです!

というご意見を頂いたので、今日はこの方の記事に追記する形で少し調べてみました。

 

HC85系には気動車免許が必要?

結論から言うと、電車の免許でハイブリッド車を運転する場合でも、免許の取り直しは必要なさそうでした。

東洋経済新報社がJR東海へ取材し、以下の回答を得たとされています。

JR東海東京広報室に問い合わせると「甲種電気車運転免許所持者、甲種内燃車運転免許所持者とも、それぞれ免許の種類に応じた知識ならびに技能の教育訓練を実施することで運転操縦が可能になる」(中略)

したがって、HC85系を運転するためには、甲種電気車運転免許・甲種内燃車運転免許のどちらか片方を持っていればよく、「ハイブリッド車両の運転のために、もう片方の免許を取得させることはありません」(JR東海)とのことだ。

出典:東洋経済新報社 2)

HC85系のようなハイブリッド車両においてはその補講のみで取り扱いが可能である…とのことでした。

 

ハイブリッド車両の通達

また、HC85系以外においても近年様々な種類が出てきているハイブリッド車両の取り扱いについては、国土交通省から通知があったとされています。

ハイブリッド車両の免許条件については、2016年に国土交通省や運輸局から鉄道事業者に対して文書で通知があったという。

JR東日本広報部に同様の質問をすると、「内燃機関を用いて発電機を回転させることにより発生した電気で電動機を駆動させる方式の車両」、つまりハイブリッド車や電気式気動車は「電気車および内燃車に含まれる」という通達が出されているとのことだ。したがって、やはりどちらか片方の免許でよいということになる。

出典:東洋経済新報社 3)

つまり、西日本圏で姿を見せつつあるDEC700形やDEC741形もどちらかの免許で良く、先日おおさか東線へ試運転にやってきていた時も、通常のおおさか東線運転士が担当していたことになります。

これならHC85系が大阪に乗り入れる際でも、スムーズに入線出来そうですね。

正直、私もハイブリッド車両における免許の兼ね合いについては勘違いしていたので、学び直す良い機会でした。

 

関連リンク

JR東海の新車「HC85系」を見てきました

JR東海HC85系(ひだ・南紀)編成表

参考文献

  1. 現役鉄道マンのブログ 鉄道雑学や就職情報「スーパーはくとが姫路折返しになったら「大阪ひだ」にも影響する?
  2. 東洋経済新報社「「ハイブリッド列車」運転免許は電車か気動車か
  3. 東洋経済新報社「「ハイブリッド列車」運転免許は電車か気動車か


今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)

JR東海カテゴリの最新記事