【どうして】東急、電車を一般人に販売へ

【どうして】東急、電車を一般人に販売へ

東急は、8500系電車そのものを販売すると発表しました。お値段は1両176万円です!

…どういうことなの………

 

1975年の導入以降、当社田園都市線を中心に活躍してきました8500系車両は、現在2020系車両の導入に伴い、順次廃車が進んでおり、現時点では残り4編成となっています(中略)

この度、新たな企画として今後廃車予定の8622編成、8630編成の車両にて、車両1両や先頭部分のカットモデル、運転台の販売の他、コルゲート(車体側面)部分などの販売を行うことといたしました。

出典:東急株式会社「田園都市線8500系車両の特別販売を行います 」
https://www.tokyu.co.jp/image/information/pdf/211001_8500.pdf

 

 

カットモデルはもっと高い

対象車両は8522号車・8622号車・8530号車・8630号車の4車両。

このうちどれか1両を選び、丸々そのまま販売するそうです。

 

また、応募がない場合は「先頭部分のカットモデル」「運転台だけ」の販売も行うとしています。こちらは「先頭部分のカットモデル」が2420万円、「運転台だけ」が85万円となっています。

カットモデル、意外に高くつくんですな…。

 

①丸々1両販売→175万円
②カットモデル→2420万円(①が完売した場合には販売しない)
③運転台だけ→85万円(①②が完売した場合には販売しない)

 

基本価格はこの値段ですが、更に以下の費用もかかります。

① トレーラー等での輸送費用
② 設置場所での車両降ろし用クレーンチャーター費用
③ 設置場所の整備費用(レール・枕木・砂利・屋根の設置など)
④ 設置費用
⑤ 組み立て費用(「運転台」を購入した場合)
⑥ 購入後、継続的に必要なメンテナンス費用

 

購入にあたっては費用・用地など様々な制約があることから、東急において審査が行われ、「車両を適切に保存できる」と判断した場合に限り販売するとしています。

金額面・制約面などすごく高い制約がありますね…。

 

果たして購入される方が出てくるのか、そしてどのような結果になるのか、注目です。

 

 

関連リンク

【東急】2021年の設備投資計画を発表(東横線ワンマン運転等)

 

参考文献

東急株式会社「田園都市線8500系車両の特別販売を行います

 

 

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



東急電鉄カテゴリの最新記事

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Braveでは閲覧できません

Braveでの閲覧はお断りしています

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock