千葉都市モノレール、初代1000形が2028年度までに引退へ

千葉都市モノレール、初代1000形が2028年度までに引退へ

千葉都市モノレールは、2028年度までに全車両を0形「アーバンフライヤー」へ統一すると発表しました。これは同社のSDGs関係の書類より公表されたものです。

これにより、1988年から投入してきた初代車両1000形が余命宣告された形となっています。

 

 

代替投入される車両は、0形「アーバンフライヤー」。実に斬新なデザインで登場したこの車両も、既に初導入から7年が経過しています。

同車はVVVFインバータ制御ですが、1000形は抵抗制御車両。排出炭素が0形よりも大きいのと、車齢から鑑みて置き換え時期に来ているようですね。

現在、0形は既に全16編成中6編成を占めるまでになっていますが、残り10編成は1000形で運行中。あと7年で10編成全てを置き換える算段です。

ちなみに、全て0形へ置き換わった2028年には総起電量が16%低減、二酸化炭素削減量が476t-co2になると試算されています。

 

関連リンク

 

 

参考文献

千葉都市モノレール 未来への取組み~低炭素化社会への貢献と持続する公共交通であるために~

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

4日(水)
5日(木)
6日(金)
7日(土)
8日(祝)
9日(祝)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)

関東系私鉄カテゴリの最新記事