【神戸三宮】80年前から残るA14番「ガリバートンネル」

【神戸三宮】80年前から残るA14番「ガリバートンネル」

神戸の中心都市、三宮。現在、阪急のビルやJR三ノ宮駅の再開発などが進んでいます。

目まぐるしく変わる三宮において、88年間ずっと変わらない構造物が残っているのをご存知でしょうか。

 

88年前…

それがこちら随分とまた年季の入ったトンネルだこと…。この下へは地下街「さんちか」が続いており、さんちかのA14号出口になります。

ドラえもんの秘密道具「ガリバートンネル」にそっくりで、検索してみるとそう呼ばれている節もあるようです。

 

このレトロな入口は、神戸そごう・阪神三宮駅の開業にあわせ、昭和8年(1933年)頃に建設されたと推定されています。

阪神大震災はもちろん、太平洋戦争をもかいくぐってきたのですね…。

当時、ここで接続していた神戸市電への連絡出口だったようです。

 

 

 

中を覗いてみると……

 

 

ドーム状の屋根や壁面は当時のままの一方、床材やLED照明などは最新のもので、現在も補修されながら使われていることがわかります。

 

このトンネル、以前はフラワーロードの方にもあったように思いますが、現在はもうここだけとなっているようです。

 

まるで全く違う世界への入口のようで、不思議な魅力を感じますね。

ちなみに手塚治虫の漫画「アドルフに告ぐ」(3巻16章)でも、このトンネルが出てくるようです。

 

追記

なんと昭和13年の写真が神戸市のサイトにて残っておりました…!こちらからご覧になれます

(写真右奥にこのトンネルの姿が見えます)

 

関連リンク

【記録写真】任天堂の創業地「山内任天堂」を見てきました

【さよなら】解体工事が始まった京町ビルを見てきました

 

 

参考文献

虫ん坊読者の広場「『アドルフに告ぐ』ゆかりの地めぐり<神戸編その1>

アドルフに告ぐでめぐる神戸の旅「JR三ノ宮駅前

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

4日(水)
5日(木)
6日(金)
7日(土)
8日(祝)
9日(祝)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)

近代建築カテゴリの最新記事