【鉄道IR】関西5大私鉄の業績を分析してわかった各社の主力ビジネス

日本の鉄道は、世界的には珍しく上場という形をとっている会社が多数あります。例えばドイツ鉄道はドイツが100%株式を持つ非上場企業ですし、中国高速鉄道を運営する中国鉄路総公司も国営企業です。

その中でも、関西の5大私鉄(南海・京阪・近鉄・阪急・阪神)は、古くから上場民鉄企業のパイオニアとして鉄道事業をリードしてきました。

そんな関西5大私鉄、株主に開示される決算情報から出される数字を何気なく見ていたところ、なかなかこれが面白い。鉄道趣味目線とはまた違う、株主・経営目線での5社が浮かび上がってきました。

 

業績はどこでみる?

業績を見るには、その企業の決算短信というものを参照します。

関西5私鉄は、いずれも決算日を3月と定めていて、一年間を3ヶ月ごとに区切って4~6月を1期、7~9月を2期…とわけていって、合計4期をまとめたものが決算になります。

ここでは関西の5大私鉄を、いつもの鉄道ファン目線ではなく、経営・株主目線から見てみようと思います。

 

2017年3月期決算は?

各社の2017年3月期決算(2016年4月~2017年3月間)を見ていきましょう。但し、これらの数字は電鉄事業だけではなく、不動産事業・流通事業などのグループ内全てをあわせた数字になります。

営業収益 営業利益 利益率
 南海電鉄  221,690  31,840  14.3%
 京阪HD  302,917  32,343  10.6%
 近鉄HD  1,204,867  64,828  5.3%
 阪急阪神HD  736,763  104,058  14.1%
[単位…百万円,2017年3月期]

営業収益…売上高を表します。
営業利益…ざっくりいうと売上高から人件費などの原価を引いて残った儲け(利益)を表します。

阪急阪神ホールディングスは流石の数字といった具合でしょうか。利益率が抜群です。

意外なのが南海電鉄。阪急阪神ホールディングスをも超える高収益性を叩き出しています。関西空港を持つがゆえのインバウンド効果を一番に受けるおかげでしょうか。

京阪ホールディングスも負けていません。10%の利益率はなかなかの数字です。

グループ単位

先程の数字は電鉄だけの数字ではなく、不動産業・流通業なども含めたグループ全体での売上高をはじき出した数字です。グループ内の主な事業としては以下のものが含まれ、それぞれの売上高における比率を()内に記載しました。

南海電鉄…運輸業(38.8%)、不動産業(13.2%)、流通業(13.9%)、レジャー・サービス業(15.4%)、建設業(17.7%)

京阪ホールディングス…運輸業(29.6%)、不動産業(29.4%)、流通業(30.8%)、レジャー・サービス業(9.6%)

近鉄ホールディングス…運輸業(19.2%)、不動産業(12.6%)、流通業(31.5%)、ホテル・レジャー業(志摩スペイン村、海遊館など:39%)

阪急阪神ホールディングス…運輸業(32.1%)、不動産業(29.2%)、エンターテイメント事業(阪神タイガース・宝塚歌劇団など:15.6%)、旅行事業(4%)、国際輸送事業(9.7%)、ホテル事業(8.9%)

(売上高ベース、2017年3月期)

こうしてみると、運輸業が主力になっているのは南海電鉄、阪急阪神ホールディングスは運輸と不動産が主力で、京阪は運輸・不動産・流通業がほぼまんべんなく同じ、近鉄はホテル・レジャー業が主力となっているのがわかります。

鉄道系企業は、てっきり不動産業がメインビジネスとして機能しているのかと思ったのですが、南海電鉄は鉄道がメインビジネスなんですねぇ。近鉄HDは不動産ではなく、あくまで「ホテル・レジャー事業」が主力なのも意外でした。

 

鉄道業だけで見ると

運輸業(鉄道・バス)のみで見ると以下の通り。

売上高 営業利益 利益率
 南海電鉄  67,885  12,464  18.3%
 京阪HD  77,962  8,647  11%
 近鉄HD  157,192  26,375  16.7%
 阪急電鉄  95,348  不明(バス等込みでは42,237)  –
 阪神電鉄  32,699  〃  –

※各社の鉄道系子会社(例:京阪電鉄なら叡山電鉄等)を含んだ数字です
※南海電鉄はセグメントにおける「鉄道」と「軌道」の両方を合計した数値です
※阪急阪神ホールディングスは、鉄道業のみでの数字が出てこなかったので、売上高のみを記載しています。

流通業や不動産業などを除いた電鉄単体(1種・2種・子会社込み)での数値にすると、また変わってきますね。先ほどのグループ単体の数字ではさえなかった近鉄は、電鉄単体ではかなり利益率が高いことがわかります。

 

総評

普段は「何系が改造された!」とか「何駅がリニューアルした!」とか、そういう鉄道趣味目線でしか見てなかった鉄道会社が、株主目線で見てみると意外な発見があることがわかります。

今後、当ブログ内でこういった経営まとめ記事も取り上げていこうと思います(^ω^)

 

参考資料

データは各社2017年3月期のIRより

http://www.nankai.co.jp/library/ir/setsumei/pdf/setsumei_170523.pdf

http://www.keihan-holdings.co.jp/ir/library/pdf/2017-05-11.pdf

http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/irRelatedInfo/260.pdf

http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/ir/investor/data/20170518setumeikai_siryou.pdf