だから鉄道趣味は楽しい。

鉄道趣味は、「2歳児でも興味を持てるように、誰でも気軽に入れて、かつ底なしの奥深さがある」偉大な趣味の一つであると感じています。

 

鉄道趣味から連想させると

・都市計画、都市政策>空間デザイン>サインシステム

・電気技術>VVVFインバータ、LED表示

・土木工学>隧道、橋梁設計

・新線敷設計画>政治、法運用(軌道法など)

・写真>編成写真、芸術写真

・インターネット>HTML>Webサイト>SNS

・動画、マルチメディア

 

…などなど、私が今考えただけでもこれだけの専門分野にリンクしています。このうち、私が得意とするのは、都市政策とWebサイトでしょうか。

 

ここまで深化出来る趣味だからこそ、鉄道趣味は楽しい。当ブログは「インターネットで鉄道ファンを幸せに」を標榜としています。