【JR西日本】特急やくもに新型車両を導入へ

【JR西日本】特急やくもに新型車両を導入へ

2020年10月30日に発表された中期経営計画(修正案)で、JR西日本は現在岡山~出雲市方面で運行している特急「やくも」への新型車両投入を発表しました。

 

投入後40年

やくもは現在、2010年までに20億円をかけてリニューアルした381系を用いた「ゆったりやくも」が使用されています。

とはいえ、381系自体の製造年は1980年頃と製造から40年が経過。

鉄道車両において40年は車両取替の一つの節目であり、恒常的に高速での振り子運転を強いられる同車としては、寿命が近づいているとも考えられます。

 

実は新車投入は以前も示唆されており、山陰中央新報(2017年5月19日)という地元新聞社が「2022年度を目処に、空気ばね式車両も含めた新車導入を検討する」という報道をしていました。

実際に伯備線においてJR四国8600系を用いた列車が試運転を行ってもおり、四国8600系をベースとした車両作りがなされる可能性があります。

 

 

以前こちらの記事でご紹介した資料によると「381系約60両を新製車両に置換計画あり(投入時期2022年~2023年)」との記述があるので、今回の中期経営計画とも一致します。

とはいえ、最低でも2022年度までに1編成程度を新造する程度(全数置き換えなら今ぐらいから量産しないと間に合わないのに、関連する目撃の声が聞こえてこない)と思われ、今回のリリースは直ちに381系を全廃するものでもないので、381系自体はまだもう少し乗る・撮ることができそうですね。

 

381系所有編成

381系(後藤総合車両所所属)の所属数は現在以下の通りです。

・6両パノラマ付き車:2本
・7両通常車両:5本
・4両通常車両:2本
・6両サブ編成:1本

 

 

 

関連リンク

【JR西日本】2024年頃から681系・281系・283系の約110両を新製車両に置換?

【東京都交通局】22年ぶりの新車!都営三田線用「6500形」導入、現在近畿車輛で製造中

【まとめ】いまどきの新型路面電車 種類別一覧

【2020年】いまどきの鉄道ファン用語/列車の俗称集

 

 

参考資料

西日本旅客鉄道株式会社「JR西日本グループ中期経営計画2022」見直し



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

23日(祝)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
  • ↑↓
27日(金)

JR西日本カテゴリの最新記事