日立製作所、カナダ・トロント地下鉄の車両やシステムを受注

日立製作所、カナダ・トロント地下鉄の車両やシステムを受注
出典:日立製作所 1)

日立製作所のグループ会社である日立レールは、トロント地下鉄の新線「オンタリオ線」向けの新型車両・鉄道システム・運行および保守業務を受注したと発表しました。

契約金額は90億カナダドル(9500億円)で、30年間の運行・保守業務も行われます。

契約はコンソーシアムのメンバーと共同で受注しており、日立レールはそのうちの新型車両製造・鉄道システム整備・運行および保守業務を担当します。

コンソーシアム(consortium)とは?

複数の企業が一緒になって営業活動を行う為のグループのこと。
今回の案件では、以下の企業がコンソーシアムメンバーとして形成されています。

・リーダー:Plenary Americas、日立レール、Webuild Group、Transdev Canada Inc.
・設計チーム:日立レール、IBI Group Professional Services (Canada) Inc.
・デリバリーチーム:日立レール、Webuild Group、NGE Contracting Inc.
・運行・保守・改修チーム:日立レール、Transdev Canada Inc.
・ファイナンシャルアドバイザー:National Bank Financial Inc.、株式会社三井住友銀行

 

新線の概要

出典:日立製作所 1)

地下鉄オンタリオ線は今年から建設がスタートした15.6kmの路線で、2030年に開業予定です。

1,435mmの標準軌・架線集電方式を採用する計画で、完全自動運転システムを採用し最短90秒の高頻度運転で高速輸送サービスを実現します。

イメージリリースを見る限りでは、全15駅のうち8つある地下駅にフルスクリーンタイプのホームドアが設置されるようですね。

地下駅はCosburn・Papeと、Corktown・Moss Park・Queen・Osgoode・Queen–Spadina・King–Bathurstの8駅で、両端駅は地上駅となります。

 

日立製作所と日立レールは、先日にもイタリア・ミラノ地下鉄の車両やフィリピン・マニラ郊外の南北通勤鉄道の鉄道システムを受注しており、在日系の鉄道メーカーの中では海外展開に非常に積極的な様子が伺えます。

 

関連リンク

日立製作所、イタリア・ミラノ地下鉄の車両21編成を受注

参考文献

  1. 株式会社日立製作所「日立がカナダの地下鉄オンタリオ線で約 9,500 億円の共同受注



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

他都市地下鉄カテゴリの最新記事