【写真20枚】韓国・ソウルメトロの電車達

【写真20枚】韓国・ソウルメトロの電車達

日本と最も近い国、韓国。あちらの国でも個性豊かな車両達がたくさん走っています。

コロナウイルスも収束しつつある今こそ、海外鉄のチャンス!

今回は「お芋の鉄道模型ちゃんねる。」さんにご協力頂き、首都であるソウル近郊の電車を写真付きでご紹介します。

(写真は全て「お芋の鉄道模型ちゃんねる。」さんから)

1号線

まずは「ペムヌンイ(蛇の目)」と呼ばれる電車から。形式は311000系と日本では見られないインフレナンバーです。

日本ではトングリ(동글이)と呼称されますが、これは韓国語で「まるっこい」という意味だそう。

こちらは現地の方に「サムヌンイ(三の目)」と呼ばれているモデル。

後述しますが、2005年に登場したこの電車はトングリの中でも新しい方の車両なので、日本では「新トングリ」と呼ばれます。

窓やライト、配色に至るまでまるっこくてかわいい電車ですね。

ラッピング車両も運行されています。

続いてこちらが「トングリ」の始祖となった車両。2002年から登場しました。

系列的には同じ311000系で、第2世代(2次車)扱いになるのだそうです。

311000系(3次車)と311000系(2次車)との離合

側面は1枚窓で、ビード入のステンレス車両のようです。

そして、トングリの始祖でもある311000系(1次車)。登場時は5000系と呼ばれましたが、2011年に311000系へ改番されています。

驚くことに205系車両がベースとなって作られているそうです。確かに言われてみれば似てるかも…

ちなみに、韓国では高速鉄道も一般の鉄道と同じ道床を走るので、311000系と高速鉄道(KTX山川)がすれ違う場面も見られるようです。

2019年から導入されている、現在最新鋭の311000系5次車。あだ名は「チュドゥンイ(くちばしの意)」

丸っこい要素はライトを除いてなくなり、どちらかというと鋭角的なスタイルになっています。

また前面にあった非常用扉も撤去されていますが、地下鉄でこれは大丈夫なんでしょうか…。地下に入らない区間限定運用とかなんですかね

 

その他

 

3号線

続いて3号線。道路と並走したり10両編成で走行するのは北大阪急行のようですね。

顔がオレンジになっているのは韓国鉄道公社の3000系電車。乗り入れ先の車両のようです。

こちらはソウル交通公社の3000系電車。

ソウルメトロ3000系。最近製造されたダウォンシス製の車両です。

 

4号線

最後は4号線。自社保有車両の4000系です。

こちらは乗り入れ先の韓国鉄道公社所有341000系。

元々2000系というナンバリングでしたが、2011年頃から改番がはじまって現在は全て341000系となっています。ものすごいインフレナンバー…

同じく341000系ですが、トングリ形状となった2次車。

こちらも同じく341000系ですが、最新形状の5次車だそうです。

 

余談ですが、韓国の地下鉄はほぼ全ての駅(9割5分ぐらい?)にフルスクリーンタイプのホームドアが装備されており、駅での撮影は面倒なのだそうです。これは撮影地探しに難儀しそうですね…

(撮影:全て「お芋の鉄道模型ちゃんねる。」さんより)

 

関連リンク

【서울 지하철】HYUNDAI Rottem社がソウルメトロ2号線用新車を受注

何故か韓国大統領府(青瓦台:청와대)に「京都地下鉄の値段を下げて欲しい」という請願が発生

【大阪鶴橋】ソウルメトロをイメージしたカフェ「デチョルはペゴパ駅」に行ってきた!




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
11月28日(月)
11月29日(火)
11月30日(水)
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

ソウルメトロ(서울 지하철)カテゴリの最新記事