【速報】コストコ門真倉庫店、正式決定!2022年10月竣工

【速報】コストコ門真倉庫店、正式決定!2022年10月竣工

長らく噂になっていた、門真市松生町(まつおちょう)に出来るというコストコの噂ですが、正式決定のようです!

2021年4月30日、現地に掲示されている「建築計画の概要」に、「コストコホールセール」の名称が掲載されています!!

 

建築計画の概要に…

現地に表示された建築計画の概要には、以下のように記載があります。

工事名称:(仮称)コストコホールセール門真倉庫店(C敷地)
敷地の地名地番:門真市松生町204-3の一部
敷地面積:33,349.07㎡
延べ面積:47,560.04㎡
商業棟:約41,800㎡
構造:鉄骨造
高さ:18.47m
階数、棟数:地上3階、棟数 4棟
着工予定:令和3年7月初旬
竣工予定:令和4年10月下旬
2021年4月30日設置

仮称ながら、はっきりと「コストコホールセール門真倉庫店」と記載されていますね。

建物は地上3階、4棟とされていますが、屋上駐車場・立体駐車場を併設するのでしょうか…?

建物の竣工予定が令和4年(2022年)とされていることから、そこから電気工事などを行うとすると開業は2023-24年頃でしょうか。

 

元々先んじて設置されていた開発事業の概要に「ガソリンスタンド」と明記があったことから、コストコの可能性が噂されていましたが、今回の掲示物ではっきりとした格好です!

 

 

【参考】他コストコとの比較

大阪近辺にあるコストコは、現在4店舗。和泉倉庫店が最も広い売場面積で展開しています。

【売場面積比較】

和泉倉庫店:10089㎡
神戸倉庫店:9,822㎡
尼崎倉庫店:9,762㎡
京都八幡倉庫店:9,509㎡

今回のお知らせによると、門真倉庫店は敷地面積が33,349㎡となっていますが、敷地面積=店舗面積ではないので、この数字がそのまま反映されるわけではありません。

果たして和泉倉庫店をも抜く数字となるのでしょうか…?

 

 

八尾は門真に取られた?

また、以前大阪2店舗目のコストコとして八尾市への出店が噂されていましたが、こちらは結局実現しなかったらしい経緯があります。

八尾市の市議会議員である田中しんじ議員が、自サイトでこのような談話を載せていることからも信憑性が高く感じます。

コストコが八尾に来るかもという話、完全に無くなりました。

これにより、約5ヘクタールの商業用地が現在の所、中に浮くこととなりました。

今回の区画整理の目玉でもある今回の件、他の商業施設へのアプローチは続いてるみたいですが、一体どうなることやら…

出典:八尾市議会議員 田中しんじ 公式『八尾にコストコはできません。』
http://tanaka-shinji.com/?p=633

結局この地には「アクロスプラザ八尾」という、いささか中途半端なSCが出来ています。

 

 

ちなみにコストコのサイトには、出店条件として以下を挙げています。

高所得層マーケット
半径10kmの人口が50万人以上
企業が多い地域
敷地面積 10,000坪以上(ガスステーション用敷地を含む)
建築面積 約4,500坪
半径10km=人口50万人以上
用途地域=準工、商業、近隣商業(売り場面積1万㎡超)
駐車場収容台数 800台以上
車のアクセスの良い物件
購入・定期借地(40年以上)・建貸

出典:https://www.costco.co.jp/AboutCostco

 

八尾はこのどれかがあわなかったか、もしくは締結前の土壇場でこの門真の物件(八尾よりも高速道路のアクセスが良い)が出てきたか……など、色々想像出来るところですね。

 

 

現地の様子

夜間にダッシュで行ってきたので暗いですが、現地周りの写真もあわせて掲載しておきます。

門真市の松生町は、大阪モノレール・京阪電車の門真市駅から南へ徒歩10分程度の位置にあります。

 

場所はここ。大阪府民の方ならおなじみの、「門真運転免許試験場」がすぐ近くにあります。

 

現地にはクレーン車が多数かけつけていて、後の解体工事を行っているようです。

 

ここは2015年頃までパナソニックの工場・研究施設があった場所で、登記簿によると2017年3月31日付けで三井不動産へと売却されているようです。

三井不動産は元々2018年に同地への開業を予定していたものの、工場跡地ということもあり土壌汚染が判明。工期を延長した経緯があります。

この地は細かく地番が分かれていましたが、2020年の12月付で全ての土地が「門真市松生町204-3」に合筆されています。

 

 

南側から敷地全景。

 

敷地南東部。こちらは片側1車線程度の道路で、どちらかというと生活道路といった佇まい。

 

ずらーっと長い壁がずっと続いていることから、非常に広大な敷地であることが見て取れると思います。写真右手には東和薬品大阪工場があります。

 

 

その他開発

今回のコストコの他、松生町では区画を4つにわけて再開発をすすめるようです。

エリアの詳細は不明ですが、以下のように説明があります。

A地区:商業施設・付属駐車場(ららぽーと?)
B地区:地上11階建ての共同住宅
C地区:商業施設・ガソリンスタンド(コストコ)
D地区:事務所

 

今回掲示されているお知らせの看板の類をすべて見てきましたが、「コストコ」の掲示があったのは敷地の南側、共同住宅は敷地東側、商業施設は北西側だけであったことから、以下のエリア分けが推測されるところです。

 

こんな感じでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ららぽーととコストコのタッグは、和泉倉庫店と同じ形態となります。完成が楽しみですね。

また何か動きがありましたらお伝えします。

 

再開発関連リンク

【速報】「セブンパーク天美」、2021年秋開業決定!ライフやTOHOシネマズが入居

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

26日(月)
27日(火)
28日(水)
29日(木)
30日(金)
31日(土)
1日(日)
2日(月)

大阪スポットカテゴリの最新記事