GIGAZINE倉庫の地上げ被害にあっている現場を見てきました

GIGAZINE倉庫の地上げ被害にあっている現場を見てきました

皆さん、GIGAZINEってご存知でしょうか?

GIGAZINEは2000年に設立されたネットニュースサイトで、テクノロジーやサイエンス、グルメに至るまで幅広いジャンルを取り扱うサイトです。

 

そんなGIGAZINEはなんと大阪発の企業。旧本社が大阪市西淀川区にあるのですが、なんと向かいにある倉庫が見知らぬショベルカーで勝手に解体されているという事件がありました。

これって典型的な地上げ屋のやる事なんですが、この平成も終わろうとしている時代にこんな事件が起き、しかも警察が捕まえないというのが極めて印象的で、ずっと現場を生で見たいと思っていました。

事の顛末はここに書かれているのでこちらを見て頂くとして、今回はその現場を見てきました。

 

【追記】2021年3月11日に訴訟の判決が出た模様ですが、Togetterを見ている限りはGIGAZINE側が敗訴したとされており、公式側からはまだ説明がありません。事件記録符号は「令和元年(ワ)8679」か「令和元年(ワ)7495」のようです。

 

 

24時間監視中

現場は一方通行の小さな道路前。阪神千船駅から500m程度の距離にあります。

  

この木造の崩れかかっている建物が、GIGAZINEの倉庫です。

崩れかかっているというかショベルカーに故意に崩されたというのが正しい表現ですね。

 

木造の家屋が既に半分削られ、更にゴミまで放置されているひどい有様。

張り紙のようなものが見えますが、土地の権利書が掲示されています。

 

崩落がひどいのか、ブルーシートが被せられています。

 

旧本社からは現在カメラで24時間監視中。しかもYoutubeに常時配信しているという徹底ぶり。

 

こちらで視聴が可能です。

 

 

ちなみに冒頭で書いた「何故警察が捕まえないのか」ですが、GIGAZINEの当該ページにはこのように記載があります。

問題となっているのは「その家屋は誰のものなのか」という部分で、そこを争点にすると「刑事事件」ではなく「民事」になってしまい、警察では手出しできなくなってしまいます(中略)

借地権や地上権のあるなしだけだと刑事責任を問えず、民事裁判のみになってしまうのですが、現象面だけを見ることによって「建造物損壊」だけに絞ることは実は可能だ、ということです。

出典:https://gigazine.net/news/20190329-gigazine-destruction/

 

現場マップ

 

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
16日(土)
17日(日)
18日(月)
19日(火)
20日(水)
  • なし
21日(木)

大阪スポットカテゴリの最新記事