【京都市営地下鉄】日本一高い運賃?消費税10%を理由にやむなく10円だけ値上げを検討

先日新車のイメージデザインを発表した京都市営地下鉄ですが、京都新聞と産経新聞は、それぞれ京都市営地下鉄の初乗り運賃を210円から220円へと値上げすると報じています。

 

10月の消費税増税に合わせて、京都市が市営地下鉄の初乗り区間(3キロまで)の運賃を現行の210円から220円に値上げする方針を固めたことが7日、分かった。市営地下鉄の初乗り運賃が値上げされれば2006年以来13年ぶりとなる。市バスの均一運賃区間は230円を据え置く(中略)

市営地下鉄の運賃は距離に応じて210~350円の5区分あるが、市関係者によると、2~5区についても増税相当分を値上げする区間があるという。定期券も同様に値上げ対象とする方向だ。

市バスの運賃は、均一運賃区間は据え置くが、市周辺部の区間外は値上げするケースもあるという。

 国は消費増税分を公共交通の運賃に適正に反映させるよう求めている。市は、消費税が5%から8%になった14年については、市営地下鉄の初乗り運賃の値上げを見送っていた。

出典:https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190207000081

 

京都市交通局が、10月の消費税増税に合わせて市営地下鉄の初乗り(3キロまで)運賃を現行の210円から10円値上げし、220円にする方針であることが7日、分かった。全国8都市の公営地下鉄で、初乗り運賃は京都のほか、横浜や神戸が210円。京都が値上げすれば全国で一番高い初乗りとなるが、神戸も10円程度の値上げを検討しているという。

 京都市の地下鉄の初乗りが値上げされるのは平成18年以来13年ぶり。消費税が5%から8%へ引き上げられた26年は初乗り区間だけ値上げを見送っていた(中略)

一方、神戸市も10月の消費増税に合わせ、初乗り運賃を現行の210円から10円程度値上げする方向で検討していることが分かった。2月市議会への関連議案提出を目指している。

神戸市は消費税が5%から8%へ引き上げられた平成26年にも初乗り運賃を10円値上げしている。

出典:https://www.sankeibiz.jp/business/news/190207/bsc1902072037038-n1.htm

 

今回の値上げは新型車両導入とは関係なく、消費税8→10%の増税によるもののようです。

尚、京都市交通局公式からはまだアナウンスがありません。

 

京都市交通局は「良心的」

京都市営地下鉄は、前回の8%増税時には値上げをせずに価格を据え置いています。

つまり、実質消費税5%時からの5%値上げとなり、額面通り10円だけの値上げとなるので、比較的良心的かつ妥当な値上げ幅といえるのではないでしょうか。

 

神戸市営地下鉄では8%時に値上げを行っており、産経新聞の報道によれば今回も値上げを検討しているとのことです。

【追記】神戸市営地下鉄については、初乗りは据え置くと公式が否定しています。

【神戸市営地下鉄】消費税10%を理由に値上げを検討も、初乗りは据え置きの方針

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です