【神戸市営地下鉄】消費税10%を理由に値上げを検討も、初乗りは据え置きの方針

京都市営地下鉄の運賃値上げの報道の際に何故かとばっちりを受けた神戸市営地下鉄ですが、神戸市交通局は公式サイト内にて「消費税増税に伴う転嫁は行うものの、初乗り運賃である210円は値上げしない」ことを検討しているようです。

 

2月上旬に、京都市営地下鉄の運賃に関する一部新聞報道の中で、「神戸市も10月の消費税増税に合わせ、初乗り運賃を現行の210円から10円程度値上げする方向で検討している」との報道がありましたが、正しくは、以下のとおりですのでお知らせいたします。

区数 現行 改定案
1区 210円 据え置き
2区 230円 240円
3区 270円 280円
4区 310円 据え置き
5区 340円 350円
6区 370円 380円
7区 400円 410円

出典:神戸市交通局『「消費税率改定に伴う地下鉄運賃改定」に関する2月上旬の新聞報道について』
http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/news/190208.html

 

神戸市交通局によると、初乗り運賃と4区運賃については据え置き、それ以外の区間では10円の値上げを予定しているとのこと。

例えば、三ノ宮から県庁前までの運賃はそのまま210円ですが、長田までは230円→240円に値上げといった具合になります。

【追記】

尚、前回増税時については2区料金については据え置かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪メトロのファンサイト「Osaka-Subway.com」や「鉄道ファンのクレジットカードのりば」などを運営。この「いまどきの鉄道サイトの作り方」は、私207の個人ブログとして開設・運営しています。