【JR東日本】山形新幹線に25年ぶりの新型車「E8系」を導入!300km/h運転を実施

【JR東日本】山形新幹線に25年ぶりの新型車「E8系」を導入!300km/h運転を実施

JR東日本は、山形新幹線に新型車両E8系を投入する事を発表しました。2024年春からの営業運転を目指します。

車両はE5系との連結を想定し、時速300km/h運転を可能にしています。

山形新幹線での新系列の導入は、1999年12月のE3系以来25年ぶりとなります。

車両は2022年9月から順次落成、2026年春までに17編成が出揃う予定です。

 

 

E8系の主な特長

・時速300km/h運転が可能、所要時間短縮へ

・E5系と連結しての運行予定

・キャラが近いE6系ほどのノーズの長さはない(E6系は13m、E8系は9mに)

・全席にコンセント設置

・スーツケース対応の荷物置き場を設置

ライトの位置どうした

 

カラーリング

全体的なカラーリングはE3系の流れを受け継ぎ、メインカラーに「おしどりパープル」が使用されています。

車体上部色:おしどりパープル
車体色:蔵王ビアンコ
帯色:紅花イエロー

 

 



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

12日(日)
14日(火)

JR東日本カテゴリの最新記事