【速報】嵐電の新車「KYOTRAM」遂に発表!2024年から投入開始!

【速報】嵐電の新車「KYOTRAM」遂に発表!2024年から投入開始!

京福電気鉄道は、嵐電に新型車両「KYOTRAM(きょうとらむ)」を7両投入すると発表しました!!

投入は2024年度からまず1本が投入され、2025~2028年度中に合計6本を投入予定です。

嵐電への新形式投入は、2000年に投入されたモボ2001形以来24年ぶり、新車投入は2001年のモボ2001形2002号車以来23年ぶりとなります。

 

欧州レトロなデザイン

車体デザインはGKデザイン総研広島が手掛けた、どこか欧州のトラムにありそうなレトロなデザイン。そこに嵐電のカラーリングである京紫色が加わっています。

デザインについては、以下のような説明がなされています。

・嵐電のイメージカラーである京紫色を基調に、沿線の風景に溶け込むシンプルなデザイン。
古くからの「路面電車」や「嵐電」の車両の特徴をオマージュした車体前後の曲線的なフォルム。
・窓を大きく取り、明るく、快適に沿線の風景をゆったりとお楽しみいただける車内環境。

出典:京福電気鉄道 1)

今回制定された「KYOTRAM」の愛称は、2022年に同社発で商標出願されており、また7両の車両更新も運賃値上げ時の資料から明らかとなってました

車両はVVVFインバータ制御を採用している他、車内には空気清浄機「ナノイー」を搭載しています。

これ以外、例えば形式名などはまだ明らかにされていませんが、先代車両がモボ2000形でしたから「モボ2024形?」なんて名前になるのでしょうか…。

尚今回の車両投入で、モボ101形の6両とモボ301形1両を置き換えるとしています。

 

関連リンク

【新車用?】京福電気鉄道が「KYOTRAM」の商標出願

【嵐電】2023年4月に運賃値上げ、7両の車両更新も発表

参考文献

  1. 京福電気鉄道「安全・安心のさらなる向上、バリアフリー対応と環境負荷の低減、沿線の風景にも配慮 嵐電 新型車両「KYOTRAM」(「きょうとらむ」)7両導入 」

今週の鉄道イベント情報

5月17日(金)
5月18日(土)
5月19日(日)
5月20日(月)
5月21日(火)
5月22日(水)
5月23日(木)
5月24日(金)
5月25日(土)
5月26日(日)
5月27日(月)



京阪電鉄カテゴリの最新記事