【JR東日本】E531系、10連も赤電ラッピングを実施。撮影会を開催

【JR東日本】E531系、10連も赤電ラッピングを実施。撮影会を開催
出典:東日本旅客鉄道株式会社水戸支社 2)

JR東日本水戸支社は、現在勝田車両センターの60周年記念として運行しているE531系の「赤電」を、10両編成車両へも新たに登場させると発表しました。

これまでは5両編成の車両(K451編成)が赤電として復刻しており、これで15両編成まるまる赤電での運転が可能となります。

また、これとあわせて15両編成の赤電撮影会も実施すると発表しています。

「赤電15 両編成撮影会]」概要

開催日時:2023 年 4 月 15 日(土)
第1部 10:10~11:30【受付開始 10:00】
第2部 13:10~14:30【受付開始 13:00】

開催場所:
土浦運輸区構内(住所:茨城県土浦市湖北 1-10)
(集合場所:土浦運輸区構内正門付近 真鍋跨線橋下 土浦駅東口から徒歩約 25 分)

内容:
E531 系赤電 10 両編成誕生を記念し、赤電 5 両編成と連結した赤電15 両編成の撮影会を開催

募集人数:
各回 30名(合計 60名)
※中学生以下は保護者も参加が必要。未就学児の参加は不可。

販売価格:15,000 円(税込)/1名(大人・こども)

販売開始日:
2023年3月15日(水)14時00 分~
※定員に達し次第、募集締め切り

販売箇所:JRE MALL 水戸支社販売ページから

 

赤電って?

赤電とは、1985年まで運行されていた401系に塗られたカラーリングのこと。赤13号を基本塗装に、クリーム1号が補色として入っています。

2021年11月より、5両編成の車両(K451編成)に復刻ラッピングが行われていました。

つくば万博開催に伴い、1983年から現在の塗装(クリーム10号/青20号)へと変更され、現在運行されているE531系でもその色調が受け継がれています。

運行は2023年4月中旬から2026年春頃まで比較的ロングラン

常磐線(上野~土浦~水戸~高萩)、および上野東京ライン(品川~上野)で運行されるとのことです。

 

関連リンク

【社長ォ!】金のSuicaペンギン像を見てきました

【JR東日本】発車標がファミコン風になる「戸塚現象」とは

参考文献

  1. 東日本旅客鉄道株式会社水戸支社「E531 系 10 両編成のラッピング車両(赤電)誕生!~赤電 15 両編成撮影会を開催します~ 」、2023年3月8日
  2. 東日本旅客鉄道株式会社水戸支社「勝田車両センター60 周年記念ラッピング車両が走ります!」、2021年11月2日

JR東日本カテゴリの最新記事