【北総鉄道】げんこつ電車、まもなく見納めへ

【北総鉄道】げんこつ電車、まもなく見納めへ

北総鉄道は、現在西白井保守用基地にて公開保存している初代車両7000系「げんこつ電車」を、2023年2月20日をもってシートをかけ非公開にすると発表しました。

 

15年ぶりのお披露目イヤー

同系列はトップナンバーである7001号車が、西白井駅からも見える高架下で公開保存されていました。

2007年に引退後はカバーがかけられて見ることが出来ない状態でしたが、2022年4月より北総鉄道の開業50周年を記念して、15年ぶりにカバーが取り外され公開されていました。

 

 

げんこつの由来

「げんこつ」の由来はΣ形状の前面スタイルが、拳の「げんこつ」の形っぽいというのがその理由です、

日本の電車史において唯一無二のもので、下の視界が良く事故を未然に防げるメリットがあるのですが、当時の文献を読むと車両設計にあたって「高雅にして清新な鉄道にふさわしいものをモットーに作った」とあります。

結構何度も「高雅にして清新な鉄道にふさわしいもの」と書かれているので、当時相当気合の入ったデザインだったのだと思います…笑

ただ、やはりこの形状は製造が難しかったらしく、2023年に至るまでこの形状の電車は出てきていません。

 

関連リンク

北総鉄道は「高 す ぎ る!」…ので、2022年秋に値下げへ

【近鉄】27年ぶりの運賃値上げを発表。けいはんな線が北総と並び始める…

参考文献

北総鉄道「西白井保守用基地に保存している7000形車両のシート掛けを実施します

日本鉄道車輌工業会「車両技術 (144)」1979-06

今週の鉄道イベント情報

7月4日(木)
7月5日(金)
7月6日(土)
7月7日(日)
7月8日(月)
7月9日(火)
7月10日(水)
7月11日(木)
7月12日(金)
7月13日(土)
7月14日(日)



関東系私鉄カテゴリの最新記事