関空→新千歳は帰りの方が何故遅いのか【コラム】

関空→新千歳は帰りの方が何故遅いのか【コラム】

何度も書いていますが、先日北海道・札幌へ行ってきました。

行きの飛行機は1時間半程度のフライトだったのですが、帰りの飛行機は何故か2時間もかかっていたことを不思議に思っていました。

同じ距離にも関わらず何故こんなにも差があるのか。ちょっと気になったので調べてみました。

 

帰りは遠回り

理由の1つとして、航路の違いが挙げられます。

端的にいうと、関空→新千歳はほぼ最短ルートで飛んでいるのに対し、新千歳→関空は若干遠回りをしているのです。

フライトレーダーというサイトで、飛行機の航路が詳しく掲載されているので見てみましょう。

関西空港発→新千歳空港行きMM101便の航路。ほぼストレートに飛んでいくのがおわかりになるかと思います。

直線距離で1083kmを1時間半で飛行します。

それに対し、帰りのMM102便のルートはこんな感じ。

新千歳離陸後はやや日本海側上空を飛び、山陰・岡山を通行した後に、ぐるっと香川方面へ迂回して南側から関西空港へ着陸しています。

同じく直線距離で1083kmですが、迂回するので30分余計に(合計2時間)かかっています。

 

偏西風も?

また、西から東へ吹いている偏西風(ジェット気流)の影響もあるのだとか。

関西空港と新千歳空港とのフライトでは、新千歳空港への行きが追い風に、帰りが向かい風になります。

この偏西風は時速300km/hと新幹線並みの強風で、これに乗るとスムーズに飛び、抗って飛ぶと時間がかかるということもあるようです。

これら2つの影響が理由で、往路と復路で時間が異なっているのだそうです。

 

関連リンク

札幌へ行ってきました

参考文献

講談社「飛行機の行きと帰りの時間はどうしてちがうの?

今週の鉄道イベント情報

7月4日(木)
7月5日(金)
7月6日(土)
7月7日(日)
7月8日(月)
7月9日(火)
7月10日(水)
7月11日(木)
7月12日(金)
7月13日(土)
7月14日(日)



コラム・ネットリテラシーカテゴリの最新記事