【JR西日本】みどりの窓口に影響?労組へ人員削減プランを提案中

【JR西日本】みどりの窓口に影響?労組へ人員削減プランを提案中

JR西日本の労働組合である国労近畿は、機関紙にてJR西日本側から「2022年度末から2023年度初にかけて実施する諸施策について」という提案が行われたことを報じています。

この資料によると、主に「駅窓口体制の見直し」の項目にてかなりの人員削減予定が挙げられているようです。

 

新今宮も…

この駅窓口体制の見直しは乗客が少ない駅だけでなく、新今宮駅のような大型ターミナル駅でも例外ではないようです。

駅・管区ごとの詳しい削減数は以下の通りです。

【2023年4月1日】…合計5人削減
・新今宮駅管区(新今宮駅)
・紀伊田辺駅管区(紀伊田辺駅)
・豊岡駅管区(八鹿駅・江原駅)

【2023年6月1日】…合計25人削減
・米原駅管区(彦根駅)
・高槻駅管区(摂津富田駅・吹田駅)
・宝塚駅管区(伊丹駅)
・八尾駅管区(柏原駅)
・和泉府中駅管区(東岸和田駅)
・加古川駅管区(土山、東加古川駅)
・和歌山駅管区(和歌山駅)

【2023年7月1日】…合計11人を委託化
・草津駅管区(近江八幡・南草津駅)
・西九条駅管区(福島駅)
・神戸駅管区(兵庫駅)
・西明石駅管区(大久保駅)

駅によっては、来年でみどりの窓口が閉鎖され自動化された「みどりの券売機」が数を増やしていますが、今後よりその流れが加速するかもしれません。

ただ、JR東日本ではネットサービス「えきねっと」のサーバーダウンによりみどりの窓口へ誘導するよう案内していた関わらず、肝心のみどりの窓口が大量に閉鎖していて炎上した…という、いわば冗長性を無視してコスト削減を強行した結果炎上した事例もあるので、やみくもに閉鎖するのも少しリスキーな感じはします。

果たしてどうなるのでしょうか。その最初の答え合わせは4月1日に判明しそうです。

 

関連リンク

【炎上】えきねっと鯖落ち→「みどりの窓口をご利用下さい(大量閉鎖済)」に利用者激怒

 

参考文献

  1. 国労近畿 第224号
  2. 押し旅人さんのツイート

今週の鉄道イベント情報

7月4日(木)
7月5日(金)
7月6日(土)
7月7日(日)
7月8日(月)
7月9日(火)
7月10日(水)
7月11日(木)
7月12日(金)
7月13日(土)
7月14日(日)



JR西日本カテゴリの最新記事