【解体記念】KTR001形「タンゴエクスプローラー」を振り返る

【解体記念】KTR001形「タンゴエクスプローラー」を振り返る

解体作業がスタートした、「タンゴエクスプローラー」KTR001形。

王道を往くハイデッカーのルックス、バブル時代特有のゴージャスな作り、鮮やかなゴールドカラー……

一時期は近畿圏内へも乗り入れしていたのですが、他のJR車両に引けを取らないスター性を持った車両であったように思います。

今日はそんなKTR001形の解体を惜しみ、過去の写真から在りし日のKTR001形を振り返ります。

 

夜の新大阪にて

2007年8月27日。夜の新大阪駅に到着するKTR001形です。

冒頭でも書いたように、天橋立や舞鶴湾などがよく見えるよう、ハイデッカーの車体となっていました。

また、側面窓は天井まで回り込むパノラマウィンドウで、美しい丹後へ誘うリゾート列車でした。

この日は2次車であるKTR011号車(以下3連)が、新大阪始発の「タンゴエクスプローラー3号」として、20:05に一番端のホームから発車していました。

ヘッドライトの前面はよく見ますが、あまり見ないテールライトは意外と可愛らしい目つきです。

隣のホームにはJR東海のキハ85系「特急ひだ」が到着。

同年代かつどちらも気動車特急ですが、KTR001形の存在感がより際立っています。

新大阪駅を発車するKTR001形。ディーゼルエンジンの白煙を吹きながら出発していきました。

 

それから

少し遡って2007年6月20日。11時16分に塚本を通過するKTR001形です。

実は製造当初は山陰線経由の京都行きだったのですが、1999年のダイヤ改正から新大阪行きとなりました。

2005年には尼崎での脱線事故が発生し、その後ATS-Pの取付が必須となったことから運用を後輩のKTR8000形と交代。2年の間大阪には姿を見せなかったのです。

2007年は復帰初年度ということもあり、比較的多く撮影していたようです。

そして…2022年9月21日。最期の時を迎えました。

この記事を書くにあたって過去の写真を見返していたのですが、KTR001形の写真はこれだけでした。運用時間的に会うのが難しかったのかもしれません…。

ということは、KTR001形を撮影するのは実に15年ぶりということになります。

車両は2013年から西舞鶴車庫にて留置(というより放置)されており、雨風に晒されて塗装は剥がれ、ボロボロの状態でした。

話は聞いていて撮りに行きたいとは思っていたのですが、ギリギリの日付となってしまったことを少し後悔しています…。

 

余談

インターネットエクスプローラーと同い年に引退

長年Windowsパソコンに付属していたWebブラウザ「インターネットエクスプローラー」ですが、奇しくも同じ「エクスプローラー」同士、2022年で探検を終えることとなりました。

インターネットエクスプローラは1995年から、タンゴエクスプローラーは1990年からですが、同じ名前のサービスが同い年に終わるのはなんだか運命的なものを感じますね(もちろん偶然ではあると思いますが)

 

関連リンク

【さらば探検家】タンゴエクスプローラー(KTR001)が解体開始



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

関西系私鉄カテゴリの最新記事