「マイテ49-2」、京都鉄道博物館にて収蔵へ!

「マイテ49-2」、京都鉄道博物館にて収蔵へ!

京都鉄道博物館は、これまで宮原支所にて留置されていた展望客車「マイテ49-2」を、京都鉄道博物館にて保存すると発表しました!

今年7月に「オヤ31」と共に京都鉄道博物館へやってきており、返却されたオヤ31とは対照的にこのマイテ49は同所の扇形車庫にて留置されていたことから、保存に期待の声が上がっていました。

 

嬉しい反面…

マイテ49-2は、戦前の1938年に展望席付きの「一等車」として製造され、1961年まで活躍しました。

その後は除籍され、大阪・弁天町の「交通科学博物館」に展示されていたのですが、民営化時になんと車籍が復活して走れるようになりました。

名車の京都鉄道博物館での保存は喜ばしいですが、一方で除籍(現役引退)されるということにもなりそうですね。

 

7月26日早朝に宮原から京都までをDD51牽引で輸送されましたが、これが最後の本線走行となるのでしょうか。

尚、正式な日付は鉄道開業150周年を迎える2022年10月14日付けとなるようなので、除籍されるとすればこの日をもって…ということになりますでしょうか。

京都鉄道博物館では、保存入りを記念した収蔵お披露目式典を現在計画中とのこと。楽しみですね。

 

関連リンク

【おやおや】オヤ31+マイテ49、久しぶりに走行

 

参考文献

京都鉄道博物館「鉄道開業 150 周年記念企画展「鉄道いろいろいろは展~150 年の歴史を彩った鉄道のあゆみ~



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

JR西日本カテゴリの最新記事