【千葉モノレール】アーバンフライヤー0形、10周年記念事業を開催

【千葉モノレール】アーバンフライヤー0形、10周年記念事業を開催

千葉都市モノレールは、2012年に導入された「アーバンフライヤー」0形が10周年を迎えることから、記念イベントを実施すると発表しました。

 

イベント概要

出典:千葉都市モノレール 1)

・記念ヘッドマークの取付
・乗降促進音を変更
・記念きっぷ(硬券セット)の販売
・千葉市動物公園との連携企画など

ヘッドマークは全8種類。編成ごとに全てデザインが異なるという徹底ぶりです。

尚、ありがたいことに公式ページ内において運用が公開されています。

 

千葉都市モノレールにおける現在の乗車促進音はこんなサウンドのようです。どんなメロディが聞けるのでしょうか!

 

0形

0形は2012年に登場した、近未来なフォルムが特徴の新型車両で「アーバンフライヤー」の愛称を持ちます。

デザインはGKデザイン総研広島によるもので、現在は8編成が運行中です。

 

2028年までに追加で8編成を導入して全16編成が出揃う予定で、初期型車両である1000形を置き換える計画です。

 

関連リンク

千葉都市モノレール、初代1000形が2028年度までに引退へ

【悲報】東京モノレールさん、67年分の利益が消し飛ぶ

 

参考文献

  1. 千葉都市モノレール「アーバンフライヤー0形車両運行10周年記念事業を開催します!」、2022.07.05


今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)

関東系私鉄カテゴリの最新記事