日本遺産になった敦賀の「小刀根トンネル」を見てきました

日本遺産になった敦賀の「小刀根トンネル」を見てきました

福井県敦賀市にある「小刀根トンネル」。

一見何の変哲もないトンネルに見えますが、実は現存する中で日本最古の鉄道トンネルなのです。

立ち寄る予定はなかったのですが、Googleマップにオススメされたこともあって行ってきました。

 

由緒正しき歴史

このトンネルは、明治政府が敦賀~米原間に鉄道の計画を建てたことで1881年に竣工した隧道です。

新橋~横浜、京都~大阪~神戸に続く、日本で3番目の鉄道路線となりました。

トンネル上部にある要石には「明治十四年」の揮毫が記されています。

トンネル手前には、ここがいかにすごいのかを説明するボードも建てられています。フォントからしてかなり新しいもののようです。

小刀根トンネルは、日本遺産・および土木遺産に指定されているとのこと。

 

くぐってみる

昼間なのに真っ暗でちょっと怖いですが、くぐってみることに。

隧道は綺麗なレンガ積みで苔らしきものが見られる他、蒸気機関車の出す煙らしき煤が残っているようです。

隧道径は4.72m、幅4.27m。トンネル全体の高さは6.2m、幅16.7mだそうです。

かの有名なD51機関車はこの小刀根トンネルにあわせて採寸・製造されたのだとか。

こわ…夜とか絶対これないやつですねこれ…

長さ56mのトンネルを通って、おそるおそる反対側に出てきました。

夏ということでカマドウマ(虫)がびっしりついてるかなと思いましたが、思ったよりは何もなくて拍子抜けでした。

ちなみに行った時は気づかなかったのですが、このトンネルの少し前にある橋(ガードレールの部分)も実は歴史価値のある橋なんだそうです。

 

関連リンク

天皇陛下が見惚れ、汽車を遅らせた絶景「杉津駅」に行ってきた

【近鉄】「生駒隧道」を商標申請。旧トンネルに動き?




今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
12月1日(木)
12月2日(金)
12月3日(土)
12月4日(日)
12月5日(月)
12月6日(火)
  • なし
12月7日(水)

JR西日本カテゴリの最新記事