【営業係数25416】JR西日本、維持困難なローカル線30区間の収支公表

【営業係数25416】JR西日本、維持困難なローカル線30区間の収支公表

JR西日本は、かねてから厳しいとしてきたローカル線30区間・17路線における収支や利用数について初めて公表を行いました。

これによりますと最も悪い芸備線の備後落合~備後庄原間で、営業係数が25,416になるという凄まじいデータが開示されています。

営業係数とは

100円の収益を得るために必要な経費のこと。100より下は黒字、101以上は赤字です。
営業係数25,416というのは、「100円の収益を得るために25,416円が必要」ということになります

さらに、この数字はコロナ前のデータ(2019年度)であることにも留意が必要です。

 

発表された17路線

今回公表されたのは、JR西日本の全17路線、30区間です。

路線 区間 営業係数
小浜線 敦賀~東舞鶴 678
越美北線 越前花堂~九頭竜湖 1.366
大糸線 南小谷~糸魚川 2.693
山陰本線 城崎温泉~浜坂 850
浜坂~鳥取 849
出雲市~益田 446
益田~長門市 1.314
山陰本線
(仙崎線)
長門市~小串
長門市~仙崎
1.208
関西本線 加茂~亀山 685
紀勢本線 白浜~新宮 525
加古川線 西脇市~谷川 1.567
姫新線 播磨新宮~上月 751
上月~津山 887
津山~中国勝山 610
中国勝山~新見 1.349
播但線 和田山~寺前 340
芸備線 備中神代~東城 4.129
東城~備後落合 25.416
備後落合~備後庄原 4.127
備後庄原~三次 871
三次~下深川 671
福塩線 府中~塩町 2.851
因美線 東津山~智頭 1.963
木次線 道~出雲横田 1.323
出雲横田~備後落合 6.596
岩徳線 岩国~櫛ヶ浜 394
山口線 宮野~津和野 566
津和野~益田 681
小野田線 小野田~居能など 1.071
美弥線 厚狭~長門市 630

※データは2017年~2019年の平均通過人員です。

冒頭でも書いたように、芸備線の東城~備後落合間は25,416という凄まじい数値。

この数字は2016年に廃止された日本一の赤字路線、JR北海道の留萌本線 留萌~増毛間「営業係数4,161」の約6.1倍になり、判明している中では日本ワーストランキング1位となります。

この区間の数字も目立ちますが、前後区間である備中神代~東城、および備後落合~備後庄原間も営業係数が4,000以上になっています。

 

この他、関西圏でも山陰線や関西線、紀勢本線や加古川線などが公表リストに入っています。

特急「はまかぜ」や「くろしお」などが通る区間も入っており、このリストの中ではマシな部類ではあるものの楽観視は出来ない状態ですね。

 

この他、JR西日本の公表リストには1987年と2019年を比較した通過人員や収支なども記載されています。是非こちらからデータをご覧になってみて下さいね。

<データはこちらから(PDF)>

 

関連リンク

【2022年改正】「とっとりライナー」大減便&「アクアライナー」全廃…ダイヤ内容まとめ

【新駅?】「訓練東灘」という謎の駅を見てきた

「幻のおおさか東線?」阪和貨物線の廃線跡を見てきました

 

参考文献

JR西日本「ローカル線に関する課題認識と情報開示について」

乗りものニュース「4161円使い収入100円 厳しい北の鉄路、廃止続く可能性

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
22日(木)

JR西日本カテゴリの最新記事