大阪空港交通、阪急観光バスと合併で社名消滅

大阪空港交通、阪急観光バスと合併で社名消滅

大阪(伊丹)空港へリムジンバスでの輸送を担う「大阪空港交通」は、2022年7月1日をもって阪急観光バスを吸収合併し、社名を「(新)阪急観光バス」へと変更すると発表しました。

少しややこしいですが、こういった関係になります。

大阪空港交通→会社はそのまま残し、社名を「(2代目)阪急観光バス」へ変更
阪急観光バス→会社は消滅し、大阪空港交通へ吸収される代わりに名前はそのまま

すなわち、平たく言えば大阪空港交通がなくなるということになります。

 

昨年は赤字転落

バスのカラーリングや歴史的経緯(関西私鉄5社が設立)から独立系と思われがちですが、元々大阪空港交通は阪急バスの子会社でした。

今回の合併は「経営資源の一元化」を理由にしていますが、ここまで業績が落ち込むとやはり苦しいのでしょうか。決算を見てみましょう。

 

両社はコロナ前は4~7億円近くの利益を出していましたが、大阪空港交通の2020年度決算において16.4億円の赤字(純損益)、阪急観光バスも8637万円の黒字→1.5億円の赤字へ転落していました。

純利益額 大阪空港交通 阪急観光バス
2019年度 +4.2億円 +0.8億円
2020年度 ▲16.4億円 ▲1.5億円

 

今回の社名変更に合わせ、バスのカラーリングも変わるのかも注目されます。

 

また親会社の阪急バスが担っている高速バス13路線も、この(新)阪急観光バスへ移管される見込みです。

 

関連リンク

【決算】伊丹/関空へのリムジンバスを運行する大阪空港交通、2019年度は4.2億円の純利益(黒字)を計上

 

参考文献

阪急バス、大阪空港交通、阪急観光バス「大阪空港交通と阪急観光バスの合併 および阪急バスの高速路線の移管に関するお知らせ

大阪空港交通「2020年度決算公告

阪急観光バス「2020年度決算公告

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)
1日(水)

阪急電鉄カテゴリの最新記事