【速報】横浜市営地下鉄、新車「4000形」発表!2022年5月より運行開始

【速報】横浜市営地下鉄、新車「4000形」発表!2022年5月より運行開始
出典:横浜市交通局『ブルーラインに新型車両「4000形」登場!』

横浜市交通局は、ブルーライン向けに新型車両「4000形」を投入すると発表しました。

現在川崎重工で製造しているようで、2022年5月から営業を開始します!

4000形は2022年度に5編成が、2023年度に3編成の全8編成が営業開始予定となっており、旧型車両である3000A形を置き換えます。

 

外観デザイン

出典:横浜市交通局『ブルーラインに新型車両「4000形」登場!』

トータルデザインは、「横浜のイメージ」や「横浜らしさ」を抽出した『海辺の先進的な都会感』がコンセプト。

車体はステンレス製で、従来のブルーライン車両の面影を残しながらも、直線のエッジを際立たせたデザインをイメージしています。

また1000形以来踏襲していた横型ヘッドライト・尾灯の配置を縦型へと改め、凛とした佇まい・スピード感を感じさせるデザインとしています。

 

インテリア

出典:横浜市交通局

内装デザインには、ブルーラインのイメージカラーであるブルー、および差し色のグレーを基調としたカラーリングを採用。

D字形の袖仕切り(おそらくガラス・アクリル)を採用している他、座席は片持ち式ではないようです。

 

出典:横浜市交通局

また、車端部には「ゆずりあいシート」を設置。この部分の床の色を赤、化粧板を白色とし、他区画との差別化を図っています。

リリースでは特に説明書きがありませんが、デュアルディスプレイを採用しているようです。また国土交通省の指導にもあったように、防犯カメラを1車両あたり3台設置しています。

 

01編成は今年12月に納車・試運転を行い、2022年5月からデビューする予定となっています。

ブルーラインでは1992年以来長らく「3000」のナンバリングが継続されてきましたが、ようやく3000付番から抜け出すことになりますね(笑)

 

これまでの経緯

2018-10-11
川重から「横浜市地下鉄の新車を受注」とリリース
但しこの時は形式名を「3000V形」としており、本数も7編成。
2019-8-2
行政文章で「4000形」の車番が登場
「4000形(3000V形2次車)局長説明議事録について」という横浜市の資料
2021-10
目撃情報が上がる
車体側面に「4000」の文字が記載された目撃情報が上がる
2021-12-13
横浜市交通局から正式発表
新たに導入本数を8編成へ変更、3000A形置き換えを明記

 

 

関連動画

 

関連リンク

【横浜市営地下鉄】ブルーライン、新百合ヶ丘に延伸へ…2030年開業を目標

 

参考文献

横浜市交通局「ブルーラインに新型車両「4000形」登場!

川崎重工「横浜市交通局向け地下鉄電車を受注

日本経済新聞「川重が地下鉄車両受注、横浜市営地下鉄から69億円

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
8日(月)
9日(火)
10日(水)
11日(祝)

他都市地下鉄カテゴリの最新記事