【京阪】自動駅放送の声優さんは誰?

【京阪】自動駅放送の声優さんは誰?

京阪電車の自動放送でよく耳にするあの声。

普段、あの声の方の正体はいったい誰なのか? そんな疑問をふと思い、調べてみることにしました。

 

駅放送:女声

京阪電車の女声放送を担当するのは、下間都代子(読み:しもつま とよこ)さんです。公式サイトにも記載があります。

列車到着放送の他、駅構内における啓発放送も担当されています。

ちなみに京阪では、上り下りで担当を分けているわけではないようで、1~4番線までそれぞれの声の担当があります。

京阪の他、南海電車の特急「りんかん」「こうや」などの自動放送も担当されています。

 

 

駅放送:男声

一方、男声放送を担当しているのは、三原徹司(読み:みはらてつじ)さんです。1983年にデビュー。

こちらも公式サイトに記載があります。

個人的に関西の鉄道アナウンスでナンバーワンのイケボだと思います。笑

 

尚、このお二方がいつ頃から自動放送を担当されているのかは不明で、2005年には既に導入されていたことから、少なくとも15年に渡って京阪の駅放送を担当し続けておられます。

 

 

車内放送

2008年から導入された自動放送の声を担当するのは、船渓真弓(読み:ふなたに まゆみ)さん。

2008年の中之島線用3000系導入時に登場しました。

 

 

 

少し前

かつて京阪特急の車内自動放送を担当されていましたのが、大伴英嗣(読み:おおとも えいじ)さんです。

「京阪特急といえばこの声」を思い出される方も少なくないようで、リバイバル特急ツアーが運行された際にはわざわざ京阪から依頼があった程。

現在は大阪シティバスにてこの声を聞くことが出来ます。

 

 

関連リンク

近鉄については、やたてつさんがまとめられているのでこちらを御覧下さい。

 

 



今週の鉄道イベント情報


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
31日(日)

未分類カテゴリの最新記事